測定の効率化事例

測定の高速化・合否判定の自動化など、測定にかける時間を減らします。

毎日大量の測定を行う場合、
・サンプルのセット作業を簡単に行えるようにする
・機器の動作速度を速める
・測定結果を自動で合否判定・表示する
などすることで、測定の効率化を図られます。サンプルのセットののち、慣らし運転、複数回の測定から合否判定までの一連の動作をすべて自動で行う試験機など、様々な工夫が可能です。

特注品製作についてのお問い合わせはコチラ>>

測定の効率化事例一覧

公共料金の通知や販促DMに使用される圧着はがきの圧着強度を測定します。

測定結果について、基準値内に収まっているかをソフトウェア上で合否判定をします。

▲ページトップへ

お問い合せ TEL 0532-33-3288

©Copyright IMADA CO.,LTD. All rights reserved.