荷重測定とは?

 例えば、スイッチの押し心地、ゼリーの固さ(弾力)、ゴムの引張強度などが挙げられます。従来、それらのチカラは人の手の感覚で検査がされていましたが、技術の進歩に伴って、その検査の基準もより高く、明確なものへと変化してきました。 イマダの荷重測定器を用いれば、感覚に頼っていたそれらの力の大きさを、N(ニュートン)という単位で数値化でき、人によるばらつきの少ない明確な基準作りや品質管理が可能となります。 使いやすさ、安全性、美味しさ…。あらゆるモノのチカラを測り、品質管理・研究開発を支えていく。それが荷重測定、ひいてはイマダの役割なのです。

          

荷重測定器使用例

手で持って使用する

フォースゲージを手に持ち
直接、押したり
引っ張ったり
と測定を行います。

フォースゲージカタログへ

 

スタンドに取り付けて

押す/引くの動作を機械で行い速度や方向の統一をすることで再現性の高い測定を行うことができます。

計測スタンドカタログページへ

 

設備に組み込んで

お客様がお持ちの設備
に組み込み、自動的に
また、連続的に
測定を行ったり、荷重
値を基準に動作を制御
させることができます。

ロードセルカタログページへ

 

力と長さの関係を調べる

押す(引く)力に対して
材料の変形量(移動量)を
測定します。材料の
特性評価などに便利です。

荷重‐変位測定ユニットページへ

 

フタやねじを回す力を測る

トルク計を用いれば、
回転力、ねじり力、
ひねり力などを測定する
ことができます。

トルク計カタログへ

 

繊維や電線の張り具合を調べる

テンションメーターを
用いれば、繊維や電線
の張り具合(張力)を
測定することができま
す。

テンションメーターカタログへ

 

お問い合せ TEL 0532-33-3288

©Copyright IMADA CO.,LTD. All rights reserved.