圧縮引張両用・バイス・テーブル

計測スタンドに取り付けるテーブル型アタッチメントや引張・圧縮両用アタッチメントなど、特定の測定に特化したアタッチメントがございます。

圧縮引張両用・バイス・テーブル一覧

ピンチャック

細い針金(円柱)状のサンプルのクランプに。低荷重の測定、狭い場所での測定向き。最大荷重150N。

ジャコボスチャック

丸棒状のサンプルを挟むのに最適な、圧縮・引張両用アタッチメント。試験中のすべりが発生しにくいチャック形状。最大荷重500N~1000N。

バイス治具

縦型計測スタンドに取り付けることで、サンプルの固定が可能。最大荷重250N~2000N。

両開きバイス治具

両開きのバイス型治具で、サンプルを中央で挟むことが可能。最大荷重500N~1000N。

薄型XYテーブル

X方向・Y方向に微細な位置調整が可能で、サンプルのセンター合わせが細かく可能。最大荷重500N(引張荷重)、1000N(圧縮荷重)。

▲ページトップへ

お問い合せ TEL 0532-33-3288

©Copyright IMADA CO.,LTD. All rights reserved.