食品関連機器

食品測定

食品の硬さや粘りなどのテクスチャー(食感)を測るのに特化した測定器です。食感の数値管理に最適です。
テクスチャーとは、主に咀嚼性、歯触り、舌触り、喉越しなどのことを言い、食の物的性質と人の感覚的性質から表されます。物的な性質とは力学的特性、幾何学的特性、そのほかの特性に分類されます。
イマダの測定器では硬さや弾性などの力学的特性が測定可能です。食品関連の測定器は正確かつ詳細な分析が可能なレオメーター(テクスチャーアナライザー)と簡単に硬さの測定ができる手動タイプのユニットの2種類をご用意しております。

食品関連機器一覧

レオメーター(テクスチャーアナライザー)

食品のテクスチャーを数値化できるレオメーター。測定する食品や規格から測定条件を簡単に選択可能です。分析に便利なグラフ描画ソフトウェア付。最大荷重5N~100N。

食品硬さ測定ユニット

簡易的に食品の硬さが測れる手動式の測定ユニットです。押し込み量を一定に固定でき、レバーで簡単に測定を行えます。最大荷重50N。

圧縮用プローブ

FRT専用平型プローブ

一定面積でのサンプルの圧縮、半固体状サンプルの粘着力の測定に。

FRT専用円錐プローブ

円錐型で、サンプルへの貫入試験・進入試験に最適。

FRT専用球型プローブ

サンプルを圧縮し、変形させることが可能。

FRT専用円柱プローブ

円柱型で、サンプルの局所的な圧縮・突き刺しが可能。JIS K6503に一部準拠(FR-EC-12.7J)。

FRT専用ヨーグルトナイフ

ヨーグルトなどの半固形状サンプルの硬さ・弾力の測定に。

FRT専用つき刺しピンバイス

レトルトパウチなど、包装資材の突き刺し試験に。食品、添加物等の規格基準 第3 B 2 突き刺し強度試験準拠。

FRT専用3点折り曲げテーブル

棒状の野菜や菓子を折り曲げる際の力の測定に。

引張用プローブ

FRT専用スモールチャック/フィルムチャック

包装フィルムやサクランボの軸の引張試験など、薄いサンプル・細いサンプルなどの測定に。

FRT専用麺チャック

うどんや中華麺の引張強度の測定が可能。

切断用プローブ

FRT専用クサビプローブ

サンプルを鋭利な刃先で押し切った際の硬さの測定が可能。

FRT専用ナイフブレード

肉などの弾性の強いサンプルの切断試験に。

FRT専用ワイヤーカッター

バターなどの脂分が多くくっつきやすいサンプルの切断試験に。

オプションテーブル

FRT専用横長テーブル

横長のサンプルを置くのにご利用可能。

FRT専用センターラインテーブル

プローブの降下位置が把握しやすくなるテーブル。

FRT専用スリット入りテーブル

溝が入ったテーブルで、サンプルを切断・貫通し切ることが可能。

FRT専用サンプル押さえテーブル

引張試験時にサンプルを抑えたり、テーブル上面からのサンプル押し出し試験に。

FRT専用フィルムつき刺しプレート

サンプル抑えテーブルと併用し、フィルム突き刺し試験が可能に。

FRT専用スティックステー

口紅などのスティック状のサンプルを固定し、屈曲・折れ強度を測定可能。

FRT専用保護パネル

測定中のサンプルの飛散や、サンプル・プローブへの接触を防止。

▲ページトップへ

お問い合せ TEL 0532-33-3288

©Copyright IMADA CO.,LTD. All rights reserved.