3点曲げ試験治具
GA-10N/5000N

3点曲げ試験治具 GA-10N
3点曲げ試験治具 GA-10N

3点曲げ試験治具 GA-10N/5000Nについてのお問い合せ

製品仕様・測定方法に関するお問い合せ 価格・納期のお問い合わせ 修理・校正のお問い合わせ デモ機貸し出しに関するお問い合わせ

特徴

・金属・ガラス・樹脂・セラミックなど板形状や丸棒サンプルなど測定できます。
・最大5000N までの曲げ試験にご利用いただけます。

【特注測定事例】
特注仕様にてJIS規格に準拠した測定も可能です。
・JIS R 1601:2008 「ファインセラミックスの室温曲げ強さ試験方法」に一部準拠した測定
・JIS R 1607:2015 「ファインセラミックスの室温破壊じん(靱)性試験方法」に一部準拠した測定
・JIS K 7074:1988 「炭素繊維強化プラスチックの曲げ試験方法」に一部準拠した測定
※ ご要望の測定事例に合わせた製作が可能です。詳細はお問い合わせください。

【測定事例】
・ 金属板の折り曲げ強度試験 >>
ガラスの強度試験 >>
※試験名をクリックすると試験の詳細や製品構成例をご覧いただけます。

【特注事例】
・ 圧縮試験治具 寸法・材質・耐荷重の変更 >>
※お客様のサンプルや測定に合わせて、寸法・材質・耐荷重の変更が可能です。


3点曲げ試験治具 GAシリーズ仕様表

型式 GA-10N GA-5000N
使用最大荷重 500N 5000 N
最大サンプル幅 60mm
支点間距離 5~60mm 5~70mm
本体寸法 外観図を参照してください
本体重量 (※1) 押しつけ部 100g 押しつけ部 120g
上部取付ネジ M6 M10

※1  アタッチメントの重量も、フォースゲージへの荷重として負荷されます。フォースゲージに取り付けてご使用の際は、アタッチメントの重量の荷重負荷を考慮し荷重値選定をしてください。
※2  押し付け部側治具の首固定オプションもございます。
※ 丸棒状サンプルでの測定の際は、サンプルが飛び跳ね易いためご注意ください。


寸法

(単位:mm)


▲ページトップへ

お問い合せ TEL 0532-33-3288

©Copyright IMADA CO.,LTD. All rights reserved.