フィルム突き刺し試験用治具
TKS-20N/250N (JIS Z1707:1997一部準拠)

フィルム突き刺し試験治具(JIS Z 1707:1997一部準拠)
フィルム突き刺し試験治具(JIS Z 1707:1997一部準拠)

フィルム突き刺し試験用治具TKS-20N/250N (JIS Z1707:1997一部準拠)についてのお問い合せ

製品仕様・測定方法に関するお問い合せ 価格・納期のお問い合わせ 修理・校正のお問い合わせ デモ機貸し出しに関するお問い合わせ

特徴

・液晶フィルムやペットボトル、フィルム、アルミ箔、金属箔など薄いサンプルの突刺し試験に最適です。


【関連規格】
・JIS Z1707 (1997)  「食品包装用プラスチックフィルム通則」 一部準拠


【測定事例】

リチウム電池のフィルム(セパレータ)突刺し強度試験 >>
食品パッケージのフィルム突刺し力測定 (JIS Z 1707:1997 「食品包装用プラスチックフィルム通則」) >>
※試験名をクリックすると試験の詳細や製品構成例をご覧いただけます。


【特注事例】
圧縮試験治具 寸法・材質・耐荷重の変更 >>
※お客様のサンプルや測定に合わせて、寸法・材質・耐荷重の変更が可能です。


フィルム突き刺し治具TKSシリーズ仕様表

型式 TKS-20N TKS-250N
使用最大荷重 20N 250N
テーブル 穴直径 (※1) φ10mm φ20mm
重量 約500g 約1050g
固定可能サンプルサイズ 20×20~60×60mm 40×40~55×55mm
ピン 先端径 φ1mm
先端形状 SR0.5
材質 ステンレス
重量 約0.2g 約16g
本数 3本 1本
ピンバイス チャック可能外径 φ0-3.2mm
重量 約22g
上部取付ネジ M6
本体寸法 外観図を参照してください

※1 穴直径は変更することも可能です。詳細はお問い合わせ下さい。(0532-33-3288)
※ アタッチメントの重量も、フォースゲージへの荷重として負荷されます。フォースゲージに取り付けてご使用の際は、アタッチメントの重量の荷重負荷を考慮し荷重値選定をしてください。
※ ピンは偏荷重が加わった場合、折れや曲がりが発生する恐れがございます。
※ サンプルの大きさや形状・材質によっては、十分な押さえが出来ずにサンプルが滑る場合がございます。


寸法

(単位:mm)

dimensions-of-TKS
▲ページトップへ

お問い合せ TEL 0532-33-3288

©Copyright IMADA CO.,LTD. All rights reserved.