摩擦係数測定治具
COFシリーズ (JIS K 7125 : 1999 一部準拠)

摩擦係数測定治具COF-2N/10N (JIS K 7125 : 1999 一部準拠)

摩擦係数測定治具COFシリーズ (JIS K 7125 : 1999 一部準拠)についてのお問い合せ

製品仕様・測定方法に関するお問い合せ 価格・納期のお問い合わせ 修理・校正のお問い合わせ デモ機貸し出しに関するお問い合わせ

特徴

・紙やフィルムなどの摩擦係数の測定が可能
・1回の計測で静摩擦係数・動摩擦係数を簡単に算出
・付属ソフトによるグラフ描画・印刷が可能
・JIS P 8147(1994)「紙及び板紙-静及び動摩擦係数の測定方法」(COF2-10N/COF-10N-V)、
JIS K 7125(1999)「プラスチック―フィルム及びシートー摩擦係数試験方法」(COF2-2N/COF-2N-V)に一部準拠
*JIS規格に準拠した測定を行うためには、フォースゲージや計測スタンドなどが別途必要です。詳細はお問い合わせください。

【JIS規格に準拠した測定事例】
JIS K 7125 (1999)
「プラスチック―フィルム及びシートー摩擦係数試験方法」
※JIS規格の番号をクリックすると試験の詳細や製品構成例をご覧いただけます。

【その他測定事例】
□ 包装フィルムの摩擦力測定 >>
□ グリップの滑り抵抗力(滑りにくさ)試験・摩擦試験 >>
□ 携帯電話タッチパネルの滑りやすさ試験・摩擦試験 >>
※試験名をクリックすると試験の詳細や製品構成例をご覧いただけます。


摩擦係数測定治具COFシリーズ仕様表

型式 COF2-2N COF2-10N COF-2N-V COF-10N-V
対応計測スタンド 横型式 縦型式
ウエイト重量 200g (約2N) 1000g (約10N) 200g (約2N) 1000g (約10N)
測定可能サンプル厚み 最大1.5mm
測定可能ストローク 最大150mm
テーブル重量 約2.0kg 約1.9kg
寸法 寸法図参照
付属品 グラフ作成ソフトウェア:Force Recorder Standard COF ver.
(静摩擦係数・平均動摩擦係数が自動で算出されます)
※パソコンは含まれておりません
取付可能スタンド MH2-500N

MX-500N-E, MX-1000N-E,
MX2-500N, MX2-1000N, EMX-1000N

※上記以外のストローク量、ウエイト重量が必要な場合はお問い合わせください。(特注対応可能)
※ ウエイトのみでの追加購入も可能です。(ウエイト型式 200g:COFW-2 1000g:COFW-10)
※上記スタンド型式以外へのお取り付けにつきましてはご相談ください。


寸法

(単位:mm)


▲ページトップへ

お問い合せ TEL 0532-33-3288

©Copyright IMADA CO.,LTD. All rights reserved.