自動ドア/回転ドア用ロードセル
DM-2000N (JIS A 4721 :2005一部準拠)

自動ドア/回転ドア用ロードセル (JIS A 4721 :2005一部準拠)
自動ドア/回転ドア用ロードセルDM-2000N (JIS A 4721 :2005一部準拠)

自動ドア/回転ドア用ロードセルDM-2000N (JIS A 4721 :2005一部準拠)についてのお問い合せ

製品仕様・測定方法に関するお問い合せ 価格・納期のお問い合わせ 修理・校正のお問い合わせ

特徴

・自動ドア、回転ドアの衝撃測定用ロードセル
・荷重値の出力にはアンプとの接続が必要
・JIS A 1551 (1995)「自動ドア開閉装置の試験方法”7.1開閉力試験”、”7.3手動開き力試験”、”7.5閉扉保持力試験”」に一部準拠
・JIS A 4721 (2005)「自動回転ドア-安全性”7.3.2力の測定”」に一部準拠
*JIS A 4721 (2005)に準拠した測定を行うには、表示機・延長シャフト(仕様書をご参照ください)が必要です。

【JIS規格に準拠した測定事例】
□ JIS A 4721 (2005)
「自動回転ドア-安全性”7.3.2力の測定”」に一部準拠
※JIS規格の番号をクリックすると、試験の詳細をご覧いただけます。


 自動ドア/回転ドア用型ロードセルDMシリーズ仕様表

型式 DM-2000N
定格容量 2000N
定格出力 0.75~2mV/V (1500~4000×10-6ひずみ)±1%
非直線性 1.0%R.O.
ヒステリシス 1.0%R.O.
推奨印加電圧 1~5V ACまたはDC
許容過負荷 1.5
温度補償範囲 0℃~+50℃
温度による零点の影響 0.05%/℃
温度による出力の影響 0.05%/℃
重量 約1200g
ケーブル 約2m
本体寸法 寸法図参照

*センサ・表示機のセット販売も行っております。詳しくは仕様書をご覧ください。
*1 弊社アンプとロードセルを組み合せ調整した際の精度です。

 

eZ-Connectシリーズロードセル仕様表

型式 eDM-2000N
定格容量 2000N
精度 ±0.2%F.S以内
許容過負荷 150%
温度補償範囲(温度許容範囲) 0℃~+50℃
重量 約1200g(センサーのみの重量)
ケーブル 約2m
本体寸法 寸法図参照

寸法

(単位:mm)

DM-2000N寸法図
▲ページトップへ

お問い合せ TEL 0532-33-3288

©Copyright IMADA CO.,LTD. All rights reserved.