ニードル引き抜き試験治具
MED-NPT-200N

ニードル引き抜き試験治具MED-NPT-200Nについてのお問い合せ

製品仕様・測定方法に関するお問い合せ 価格・納期のお問い合わせ 修理・校正のお問い合わせ

特徴

・注射針の針基と針管の引き抜き強度(接合強度)を評価するための治具です。
・Φ0.3~2.0mmの針径の測定が可能です。
・JIS、ISO等規格に一部準拠した測定が可能です。

【対応規格】
・JIS T 3209: 2011 「滅菌済み注射針」
・JIS T 3220: 2011 「滅菌済み採血用針」
・JIS T 3221: 2011 「単回使用ポート用針」
・JIS T 3222: 2011 「滅菌済み翼付針」
・JIS T 3223: 2016 「末しょう(梢)血管用滅菌済み留置針」
・JIS T 3228: 2011 「生体組織採取用生検針」
・JIS T 3229: 2011 「腹くう(膣)及び臓器用せん(穿)刺針」
・ISO 7864:2016「Sterile hypodermic needles for single use — Requirements and test methods」
・ISO 10555-5:2013「Intravascular catheters — Sterile and single-use catheters — Part 5: Over-needle peripheral catheters」
・ISO 11608-2:2012「Needle-based injection systems for medical use — Requirements and test methods — Part2: Needles」
各一部準拠

【測定事例】
■ 注射針の引抜強度試験 >>
・JIS T 3209: 2011(要求事項)
※試験名をクリックすると、試験の詳細(動画)や製品構成例をご覧いただけます。


ニードル引き抜き試験治具 MED-NPT-200N 仕様表

型式 MED-NPT-200N
最大荷重 200N
測定可能針径 Φ0.3~2.0mm
測定可能針長さ 10mm以上
本体寸法 外観図を参照してください
本体重量 ※1 フォースゲージ取付側:約210g
取付ネジ M6
付属品 アタッチメントアダプタ EJ6-1000N

※1  アタッチメントの重量も、フォースゲージへの荷重として負荷されます。フォースゲージに取り付けてご使用の際は、アタッチメント重量を考慮し荷重値選定をしてください。


寸法

(単位:mm)


▲ページトップへ

お問い合せ TEL 0532-33-3288

©Copyright IMADA CO.,LTD. All rights reserved.