オートハーネステスター
ACT-1000N(JIS C 2805:2010一部準拠)

オートハーネステスターACT-1000N(JIS C2805:2010に一部準拠)
オートハーネステスターACT-1000N(JIS C2805:2010に一部準拠)

ACT-1000N
測定操作編

ACT-1000N
測定モード紹介

JIS C 2805(2010)
7.11引張強さ試験
測定例

オートハーネステスターACT-1000N(JIS C 2805:2010一部準拠)についてのお問い合せ

製品仕様・測定方法に関するお問い合せ 価格・納期のお問い合わせ 修理・校正のお問い合わせ デモ機貸し出しに関するお問い合わせ

特徴

・ボタン1つで測定動作からOK/NG判定、データ保存まで完了
・最大26パターンの設定を保存し、サンプルごとにすぐに最適な設定が可能
・「破断モード」「キープモード」の2つのモードで測定可能
・JIS C 2805(2010)「銅線用圧着端子、7.11引張強さ試験」に一部準拠
・UL 486A-486B(2013)「Standard for Safety for Wire Connectors ,9.3.4 Pullout test」に一部準拠
・JIS C 5402-16-4 (2012)「電子機器用コネクタ-試験及び測定-第16-4部:コンタクト及びターミネーションの機械的試験-試験16d:引張強度(圧着接続)」に一部準拠

【その他測定動画】
JIS C 5402-16-4 (2012)「電子機器用コネクタ-試験及び測定-第16-4部:コンタクト及びターミネーションの機械的試験-試験16d:引張強度(圧着接続)」
※規格番号をクリックすると試験の詳細や製品構成例をご覧頂けます。


オートハーネステスター ACT-1000N 仕様表

型式 ACT-1000N ACT-1000N-V300
使用最大荷重 1000N
最小分解能 1N
測定精度 ±0.5% F.S. ±1digit
測定単位 N(※1)
サンプリング周期 2000Hz
オーバーロード値 約150% F.S.
オーバーロード警告 110%以内
測定速度 10/25/50/100 mm/min(4段階から選択) 25/50/100/300 mm/min(4段階から選択)
ストローク 約50mm
対応サンプル径 端子側:1~8mm (※2)
ハーネス側:1~8mm (※2)
最短サンプル長 100mm以上
測定モード 破断モード/キープモード
測定条件登録可能件数 26件 (A~Z)
出力機能 USB/RS232C/合否判定信号(OK/NG)
安全装置 非常停止ボタン及び オーバーロード自動停止機能(電源ON時)
電源 AC100~240V フリー入力
本体重量 約11㎏
サイズ W400×D240×H150
使用環境 温度:0~40℃ 湿度:20~80%RH
対応規格 ・JIS C2805(2010)「銅線用圧着端子、7.11引張強さ試験」
・UL 486A-486B(2013)「Standard for Safety for Wire Connectors ,9.3.4 Pullout test」
付属品 専用ソフトウェア、USBケーブル、電源ケーブル、検査成績書

※1 換算値として、kgの単位表示も可能です。
※2 より小さな寸法のサンプルを測定する場合は、弊社(TEL:0532-33-3288)までご連絡ください。


寸法

(単位:mm)

和文寸法図 透かし入り
▲ページトップへ

お問い合せ TEL 0532-33-3288

©Copyright IMADA CO.,LTD. All rights reserved.