塗膜剥離試験治具
THシリーズ (JIS K 5600-5-7一部準拠)

塗膜剥離試験治具TH-5000N(左)、使用イメージ(右)(JISK 5600-5-7:1999一部準拠)
塗膜剥離試験治具TH-5000N(左)、使用イメージ(右)(JISK 5600-5-7:1999一部準拠)

塗膜剥離試験治具THシリーズ (JIS K 5600-5-7一部準拠)についてのお問い合せ

製品仕様・測定方法に関するお問い合せ 価格・納期のお問い合わせ 修理・校正のお問い合わせ

特徴

・塗膜面に接着測定子を接着剤で固定、引張ることで塗膜の剥離強度が測定できます。

【関連規格】
・JIS K 5600-5-7 「塗料一般試験方法−第5部:塗膜の機械的性質−第7節:付着性(プルオフ法)」に一部準拠(※1)
・ISO 4624 “Paints and varnishes−Pull-off test for adhesion”に一部準拠(※1)

※1 型式により、対応する規格の年号が異なりますのでご注意ください。詳細は下記仕様表をご覧ください。


塗膜剥離試験治具 THシリーズ仕様表

型式 TH-1000N-7 TH-1000N-20 TH-5000N-20
上部治具 最大許容荷重値 1000N 5000N
接着面形状 直径7mm 円形 直径20mm円形
重量(※1) 約40g 約90g 約195g
取付ねじ M6 M6 M10
下部治具 中心穴 直径30mm
付属品 上下治具一式
接着測定子10 個
上下治具一式
接着測定子5個
対応規格(※2) JIS K5600-5-7(2014)
一部準拠
ISO4624(2002)
一部準拠
JIS K5600-5-7(1999)一部準拠
ISO4624(1978)一部準拠

※1  アタッチメントの重量も、フォースゲージへの荷重として負荷されます。フォースゲージに取り付けてご使用の際は、アタッチメントの重量の荷重負荷を考慮し荷重値選定をしてください。
※2  型式により、対応する規格の年号が異なりますのでご注意ください。
※  接着測定子用の接着剤は付属しておりません。(接着剤にはシアノアクリレート、二液無溶剤エポキサイド、パーオキサイド触媒型ポリエステル接着剤が適しているとされています)


寸法

(単位:mm)

塗膜剥離試験治具 THシリーズ外観図
▲ページトップへ

お問い合せ TEL 0532-33-3288

©Copyright IMADA CO.,LTD. All rights reserved.