よくある質問

フォースゲージについて

フォースゲージの基本的な使い方は?
先端の計測軸と呼ばれる部分に押す・引くなどの力を加えると、その力が数値として表示されます。測定物の破壊強度、剥離強度、耐久性、耐圧性など、様々な力を測定できます。計測軸に様々なアタッチメントを取付けることで、多様な測定物の測定に対応できます。フォースゲージの製品ラインアップはコチラをご覧ください。フォースゲージの使用例はコチラをご覧ください。
フォースゲージはどのような場面で使用しますか?
研究開発における評価や、日々の品質管理などに多くご使用いただいております。具体的な使用事例はコチラをご覧ください。
単位のNとは何ですか?
力の単位で「ニュートン」と読みます。1kgf = 9.80665Nです。日本国内では力の単位にニュートンを使用するという法令(計量法)がございます。詳しくはコチラをご覧ください。
機種ごとの違いがわかりません。
耐荷重・精度の違いや、シンプル操作モデル・出力や外部機器との連動に優れたモデルなど、それぞれに特徴がございます。詳しくはコチラをご参照くださいませ。また、製品選定のご相談をコチラから承っております。
精度+/-0.2% f.s. の[f.s.]とは何ですか?
f.s.はfull scaleの略で、耐荷重値を意味します。例えば、精度が耐荷重に対して±0.2%の場合、50Nが耐荷重の製品は「50N × ±0.2% = ±0.1N」が誤差です。測定値が30Nを示していれば、誤差範囲は「30N ±0.1N = 29.9N~30.1N」となります。

計測スタンドについて

計測スタンドとは何ですか?必ず必要なものですか?
フォースゲージをスタンドに取り付け、ゲージを上下または左右方向に動かす架台のことです。より正確に測定していただくためには、測定物に対し垂直(平行)を保ち、常に一定の速度で加圧する必要がございます。そのために計測スタンドのご使用をお勧めしています。計測スタンドの製品ラインアップはコチラをご覧ください。
機種ごとの違いがわかりません。
耐荷重や寸法の違いや、測定速度のデジタル入力機能付・耐久試験対応モデルなど、それぞれに特徴がございます。詳しくはコチラをご参照くださいませ。また、製品選定のご相談はコチラから承っております。

アタッチメントについて

付属のアタッチメントで対応できない場合は どうすればいいですか?
圧縮用の円盤型、突き刺し用のピンゲージ、引っ張り用のチャックなど、測定用途や測定物の形状・材質にあわせて、多種多様なアタッチメントをご用意しています。アタッチメントの製品ラインアップはコチラをご覧ください。また、特注製作も承っております。特注対応のお問い合わせはコチラから承っております。

その他機器(トルク計・テンションメーター)について

回す力、ひねる力を測定するには何を選べばいいですか?
ねじの締め付け力や、キャップの開栓力など、回転する力を測定するトルク計をご用意しております。トルク計の製品ラインアップはコチラをご覧ください。
糸・ワイヤー・ベルトなどの張り具合を測定するには 何を選べばいいですか?
線やリボン状のサンプルの張り具合を測定するテンションメーターをご用意しております。テンションメーターの製品ラインアップはコチラをご覧ください。

製品選びについて

どの製品を選べばいいのか迷っています。
測定物の材質や寸法、ご希望の測定方法などをお教えいただければ選定のお手伝いをさせていただきます。コチラのフォームからご相談ください。また、デモ機もご用意していますので、実際にお試し頂くこともできます。貸出可能な製品など、デモ機の詳細はコチラからご覧ください。
寸法変更・機能追加など、仕様変更をお願いしたいのですが。
お客様のご希望に合わせて特注製作も承っております。カタログ品の寸法・材質変更や、測定の効率化など、ご要望をお聞かせ下さい。特注対応のお問い合わせはコチラから承っております。
デモ機を借りることはできますか?
一部の製品についてはデモ機(無償)をご用意しております。ご購入前に、実際に使い心地や仕様などをご確認くださいませ。詳しくはコチラのデモ機貸出サービスをご覧ください。

購入にあたって

製品の見積依頼や購入はどうすればよいですか?
代理店販売をさせて頂いておりますので、お近くの工具・測定器・理化学機器を扱う販売店をご存知の場合はそちらにお問い合わせください。また、コチラのフォームからお問い合わせ頂いてもご対応させて頂きます。
リースは行っていますか?
デモ機よりも長期間ご利用いただけるサービス(有償)もございます。詳しくはコチラのレンタル機貸出サービスをご覧ください。

修理・校正について

フォースゲージのNGランプが消えないのですが故障ですか?
異常・故障ではありません。+NG・-NGは設定荷重値を上回っている/下回っているかのお知らせランプです。設定荷重値の変更はゲージの取扱説明書をご参照ください。その他製品の故障が疑われる場合は、コチラの代表的な不具合事例と対処法をご参照ださい。
フォースゲージの警告音/オーバーロードランプが 消えないのですが?
内蔵センサーが破損している可能性があります。電源のON/OFFに関わらず、耐荷重以上の負荷がかかるとセンサーが破損してしまい、交換する必要がございます。修理のご依頼方法はコチラをご覧ください。
充電しても電源が入らない/すぐに切れてしまします。 故障でしょうか?
内蔵バッテリーの寿命、またはACアダプターの異常が考えられます。バッテリー・ACアダプタは交換可能ですので、コチラの修理のご依頼方法をご覧いただき、お問い合わせください。
校正とは何ですか?校正は必ず必要ですか?
校正とは、精度が正しく保たれているかの確認作業のことです。時計が正しいかを時報で確認するのと同じように、測定器も定期的な確認(校正)が必要です。弊社でも校正サービスを行っております。校正のご依頼方法はコチラをご覧ください。
修理や校正はどのように依頼すればよいのですか?
修理・校正のご依頼方法はコチラをご覧ください。
修理や校正中に代替機を借りることはできますか?
一部製品に限り、修理/校正期間中の代替機(有償)をご用意しております。詳しくはコチラの代替機貸出をご覧ください。

各種証明書について

校正書類を発行してもらえますか?
検査成績書は測定器に標準付属しています。校正証明書とトレーサビリティ体系図は有償にて発行可能です。

海外での使用・購入について

海外に持ち出したいのですが、どうすればいいですか?
通関時に非該当証明書の提示を求められる場合がございます。製品の型式と輸出国をお知らせいただければ発行(無償)致します。コチラのお問い合わせフォームからご依頼ください。
海外で購入することはできますか?
海外でもご購入いただけます。販売店のご連絡先はコチラからお問い合わせください。

電話での対応も承っております。(サービスグループ:TEL:0532-33-3288)

▲ページトップへ

お問い合せ TEL 0532-33-3288

©Copyright IMADA CO.,LTD. All rights reserved.