ゆとりのある荷重レンジの機種を推奨します。衝撃、破壊測定の際、急激に変化する荷重(力)を測定します。したがって、予想される測定値の200%程度が最大荷重となる測定器をお選びください。伸び測定の際、穏やかな荷重(力)の推移を測定します。したがって、予想される測定値の150%程度が最大荷重値となる測定器をお選びください。また、設備に組み込み継続的な使用をご検討の場合、許容値にさらなるゆとりがあることで、安定稼働や耐用年数を長くすることにつながります。

メカニカルフォースゲージは、瞬間的な大きな力の変化や継続的な振動が発生する測定には不向きです。選定時にご注意ください。