デジタル製品固有の特性で、digitとは表示1桁目をさします。±1digitとは表示一桁目にデジタル表示としての誤差が、1カウント分含まれていることを言います。