一級基準分銅(ワーキングスタンダード)については発行可能です。
ただし、トルク校正板については発行不可になります。