よくある質問

基本知識 検索結果

測定物の材質や寸法、ご希望の測定方法などをお教えいただければ選定のお手伝いをさせていただきます。こちらからご相談ください。
関連URL : http://www.forcegauge.net/other_inquiry

実験室にお越しいただければ実機を交えた測定方法のご検討および測定器の選定が可能です。実験室の詳細はこちらをご確認ください。
関連URL : http://www.forcegauge.net/services/lab

一部製品についてはデモ機でお試し頂くこともできます。デモ機の詳細はこちらからご覧ください。
関連URL : http://www.forcegauge.net/services/rental

張り。張力。伸長力。物体内の任意の断面に、垂直に、面を互いに引っ張るように働く応力です。様々なテンションを測定する測定器がございますので、詳しくはこちらをご覧ください。
関連URL : http://www.forcegauge.net/catalog/products/top/tensionmeter

各種繊維やフィルム状のサンプル、ワイヤーやロープなど幅広い線材の張り具合を測定するテンションメーターをご用意しております。テンションメーターの製品ラインアップはこちらをご覧ください。
関連URL : http://www.forcegauge.net/catalog/products/top/tensionmeter

力のモーメント(トルク)の単位で「ニュートンメートル」と読みます。1kgf·m=9.806652N·mです。詳しくはこちらをご覧ください
関連URL : http://www.forcegauge.net/know-how/measurement#04

・できるだけ、測定スピード・方向・温湿度を一定に保ってください。
・作業者による測定の違いがないようにしてください。
・測定器を振動させないようにしてください。

手で持って測定する場合は、どうしても測定結果に個人差が出てしまいます。計測スタンドを併用することで、測定スピード・方向を一定にすることが可能です。使用イメージにつきましてはこちらをご覧ください。
関連URL : http://www.forcegauge.net/mesurement/42706.html

測定に関するご要望、ご相談はこちらからご相談ください。
関連URL : http://www.forcegauge.net/other_inquiry

デジタル製品固有の特性で、digitとは表示1桁目をさします。±1digitとは表示一桁目にデジタル表示としての誤差が、1カウント分含まれていることを言います。

校正とは、精度が正しく保たれているかの確認作業のことです。時計が正しいかを時報で確認するのと同じように、測定器も定期的な確認(校正)が必要です。弊社でも校正サービスを行っております。校正のご依頼方法はこちらをご覧ください。
関連URL : http://www.forcegauge.net/services/calibration

物体の静止あるいは運動している状態に変化を起こさせたり、物体に変形を生じさせたりする作用。ニュートンの運動方程式、質量×加速度=物体に働く力で表される。詳しくはこちらをご覧ください。
関連URL : http://www.forcegauge.net/know-how/measurement#01

取扱説明書のPDFデータをメール送付させていただきます。型式、シリアル番号、購入時期の情報とともにこちらよりお問合せください。なお、一部製品によって、お渡しできないものもございます、ご了承ください。
お問い合わせはこちら。
関連URL : http://www.forcegauge.net/other_inquiry

各製品ページに使い方の動画集を掲載しております。ご希望製品のページ内のユーザーガイドをご確認ください。

力の単位で「ニュートン」と読みます。1kgf = 9.80665Nです。日本国内では力の単位にニュートンを使用するという法令(計量法)がございます。詳しくはこちらをご覧ください。
関連URL : http://www.forcegauge.net/know-how/measurement#03

・測定器のご使用後は、不要な負荷がかかるのを防ぐため、専用の樹脂ケースに入れて保管してください。
・埃・水・油を避け、冷暗所に保管してください。
・汚れを取り除くのに、シンナー等の有機溶剤は使用しないでください。

測定器の管理において重要な事は定期的な校正です。校正とは、精度が正しく保たれているかの確認作業のことです。弊社では、フォースゲージの校正サービスを提供しております。ISO/IEC17025:2005に準拠した校正機関の認定を受けているため国際基準の高いレベルで校正を行うことも可能です。詳しくはこちらをご覧ください。※一部対象外の型式・レンジもございます。
関連URL : http://www.forcegauge.net/services/calibration

ロードセルとは、加わった荷重(質量、トルク)を検知し電気信号に変換するセンサーです。表示器に接続すると測定値を表示させることができます。お客様の設備や特殊な環境下での荷重測定を可能にする豊富なロードセルのラインナップを取りそろえています。詳しくはこちらをご覧ください
関連URL : http://www.forcegauge.net/catalog/products/top/loadcell

荷重測定とは、接触によって発生するチカラを、測定器等を用いて、定められた基準との比較から数値と単位をもって表すことをいいます。数値化することにより人によるばらつきの少ない明確な基準作りや品質管理が可能となります。 詳しくはこちらをご覧ください。
関連URL : http://www.forcegauge.net/mesurement/used/top

様々なチカラの測定事例をご紹介しています。こちらをご覧ください。
関連URL : http://www.forcegauge.net/knowhow/force/top

その測定器に負荷できる最大の荷重値を指します。フォースゲージやロードセルは最大荷重値以上の力をかけることで故障してしまいます。これを防ぐためにも若干ゆとりある荷重レンジの機種を推奨いたします。

f.s.はfull scaleの略で、耐荷重値を意味します。例えば、精度が耐荷重に対して±0.2%の場合、50Nが耐荷重の製品は「50N × ±0.2% = ±0.1N」が誤差です。測定値が30Nを示していれば、誤差範囲は「30N ±0.1N = 29.9N~30.1N」となります。

メーカーの保証はご購入より一年です。なお、保証期間でも有償となることがあります。保障内容については製品付属の保証書をご確認ください。保証書を紛失された際は保証が受けられなくなりますので大切に保管してください。その他ご不明点は、こちらからお問合せください。
関連URL : http://www.forcegauge.net/other_inquiry

ACアダプタ・バッテリーは、必ず製品付属のもの(純正品)をお使いください。それ以外のものを使われますと、精度が保証できなくなるばかりか、製品の故障・火災などの原因にもなります。
製品によっては、ACアダプタを接続したままでのご使用はバッテリー寿命を短くすることがありますので、ご注意ください。

ゆとりのある荷重レンジの機種を推奨します。衝撃、破壊測定の際、急激に変化する荷重(力)を測定します。したがって、予想される測定値の200%程度が最大荷重となる測定器をお選びください。伸び測定の際、穏やかな荷重(力)の推移を測定します。したがって、予想される測定値の150%程度が最大荷重値となる測定器をお選びください。また、設備に組み込み継続的な使用をご検討の場合、許容値にさらなるゆとりがあることで、安定稼働や耐用年数を長くすることにつながります。

メカニカルフォースゲージは、瞬間的な大きな力の変化や継続的な振動が発生する測定には不向きです。選定時にご注意ください。

フォースゲージとは押したり引っ張ったりする力を数値化する測定器で、「プッシュプルゲージ」とも呼ばれます。押す力(圧縮試験)や引く力(引張試験)だけでなく、剥がす力(剥離試験)や摩擦係数の測定にも利用されます。フォースゲージには、ロードセルを内蔵したデジタルフォースゲージと、ばね式のメカニカルフォースゲージがありますが、いずれも計測軸と呼ばれる部分を測定物に接触させて測定を行います。フォースゲージの使い方の詳細は下記のページをご覧ください。
関連URL : https://www.forcegauge.net/mesurement/used/top

フォースゲージの製品一覧は下記のURLよりご覧ください。
関連URL : https://www.forcegauge.net/catalog/products/top/forcegauge

フォースゲージは、組み合わせるアタッチメント(治具)を取り換えることで、多様な力の測定を実現します。イマダでは幅広いラインナップのアタッチメントを提供しております。
アタッチメントの製品一覧は下記URLよりご覧ください。
関連URL : https://www.forcegauge.net/catalog/products/top/attachment

研究開発における評価や、日々の品質管理などに多くご使用いただいております。各業界の測定事例を動画で紹介しております。こちらをご覧ください。
関連URL : http://www.forcegauge.net/knowhow/industry/top

フォースゲージを取り付け、ゲージを上下または左右方向に動かす測定補助機器のことです。より正確に測定していただくためには、測定物に対し垂直(水平)を保ち、常に一定の速度で力を負荷する必要がございます。測定の再現性を高めたい、また人の手では負荷できない大きな力の測定は、計測スタンドのご使用をお勧めしています。計測スタンドの製品ラインアップはこちらをご覧ください。
関連URL : http://www.forcegauge.net/catalog/products/top/teststand

手動計測スタンドは方向の均一化が可能、手で持った測定より再現性を高められます。電動計測スタンドは、試験速度・方向の両方を均一化できるため、より再現性の高い測定が可能です。耐荷重や寸法、測定に便利な各種機能など、それぞれに特徴がございます。詳しくはこちらをご参照ください。
関連URL : http://www.forcegauge.net/catalog/products/top/teststand

製品選定のご相談を承っております。こちらからお問合せください。
関連URL : http://www.forcegauge.net/other_inquiry

製品選定のご相談を承っております。こちらからお問合せください。
関連URL : http://www.forcegauge.net/other_inquiry

チカラ別で測定事例をご紹介しています。こちらからご覧ください。
関連URL : http://www.forcegauge.net/knowhow/force/top

業界別で測定事例をご紹介しています。こちらからご覧ください。
関連URL : http://www.forcegauge.net/knowhow/industry/top

圧縮用の円盤型、突き刺し用のピンゲージ、引っ張り用のチャックなど、測定用途や測定物の形状・材質にあわせて、多種多様なアタッチメントをご用意しています。アタッチメントの製品ラインアップはこちらをご覧ください。
関連URL : http://www.forcegauge.net/catalog/products/top/attachment

製品選定のご相談を承っております。こちらからお問合せください。
関連URL : http://www.forcegauge.net/other_inquiry

お客様のニーズに合わせた特注品製作も承っております。特注品製作における代表的な事例を紹介しておりますので、こちらをご参照下さい。
関連URL : http://www.forcegauge.net/catalog/products/top/custom_made

ねじの締め付け力や、キャップの開栓力など、回転する力を測定するトルク計をご用意しております。トルク計の製品ラインアップはこちらをご覧ください。
関連URL : http://www.forcegauge.net/catalog/products/top/torquegauge

チカラ別で測定事例をご紹介しています。こちらからご覧ください。
関連URL : http://www.forcegauge.net/knowhow/force/top

業界別で測定事例をご紹介しています。こちらからご覧ください。
関連URL : http://www.forcegauge.net/knowhow/industry/top

トルク計は、力のモーメントの量を計測するための計測器です。締め付けるために用いることはできません。

1kgf = 9.80665Nです。詳しくはこちらをご覧ください。また、画面右に便利機能として単位換算もございますので単位換算が必要な場合はご利用ください。
関連URL : http://www.forcegauge.net/know-how/measurement#03