日用品

印刷紙の引張特性試験(JIS P8113:2006に一部準拠)

引張強さは、紙の引張特性を評価するために重要な要素の一つです。こちらの動画では、JIS P8113:2006に一部準拠した印刷紙の引張強さ試験を行っています。測定方法としては、規格で規定された幅の印刷紙の両端を引っ張り、破断するまでの最大荷重値を測定します。規格に基づいて、10個のサンプルを測定し、最大荷重値の平均値とサンプルの幅で計算し引張強さを算出します。ネクストシリーズのフォースゲージを使えば、イマダコネクテッドからフォースゲージに「剥離換算表示機能」を追加することで、荷重値とともに自動換算された測定結果(引張強さ)が表示されます。また、ダウンロード版の測定データ取り込みソフトウェアを使用することで、印刷紙の引張強さ(=剥離力の平均値)が自動算出が可能となります。紙や板紙などの品質管理や引張特性分析にご活用ください。
詳細はコチラ

筆記具の摩擦係数の測定

可変ウエイト往復摩擦測定治具を使って、ペンの書き心地の一つである摩擦力を測定します。自社で用意されたおもりを使って、実際の筆圧のような垂直荷重を再現することも可能です。測定結果は、付属のソフトウェアでグラフ化や動摩擦係数算出などを簡単に行うことができ、グラフを重ね合わせ、異なるペンの測定結果を比較することもできます。
詳細はコチラ

耐震ジェルマットのタック試験

耐震ジェルマットは安全な暮らしを支えますが、耐震ジェルマットの粘着力が低ければ、家具などの転倒を十分に防ぐことはできません。そこで、十分な粘着力があるかを確認する方法としてタック試験があります。具体的には、耐震ジェルマットの測定サンプルに一定の速度で圧縮し、一定の荷重値に達したら戻します。その戻す時の最大荷重値が耐震ジェルマットの粘着力になります。このような試験は品質管理や研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

クリップの把持力測定(手動による簡易測定)

紙に対するクリップの把持力を測定します。デジタルフォースゲージに取り付けたチャックに紙を固定し、手で紙を掴んだクリップを引っ張り最大荷重値を測定する簡易的な試験です。材料が異なるサンプル(フィルムなど)も同様に測定が可能です。研究開発、品質管理で利用されております。
詳細はコチラ

ヘルメットシールドの操作性試験

ヘルメットシールドを上に押す(開ける)時の力を測ります。操作性の品質管理にお役立てください。
詳細はコチラ

クリップの挟む力測定

クリップの挟む力を測定することができます。専用治具の測定子をクリップで挟むと、挟まれた力がフォースゲージに表示されます。製品性能評価、品質管理や研究開発で利用されております。
詳細はコチラ