調味料・ジャム

ケチャップのなめらかさ測定

ケチャップのなめらかさを確認するため、容器に入れたケチャップを平型プローブで押し込んだときの力を測定します。付属のソフトウェアを使用してグラフ化することでやわらかさ、舌触りの感覚を視覚的に比較・詳細分析することが可能です。テクスチャー(食感)に対する品質評価や品質管理、研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

パン・米

ごはんの硬さ測定

ごはんの硬さ(もちもち感)を測定するため、平型の治具(平型プローブ)を使用して容器に詰めたごはんの硬さ(弾力)を測ります。付属のソフトウェアでグラフ化することで、レンジで温めた時間による硬さ傾向などの比較や詳細分析が可能です。テクスチャー(食感)に対する品質評価や品質管理、研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

パンの弾力測定

パンの弾力を測定するため、押し込んだ際の圧縮力を測ります。テクスチャー(食感)に対する品質評価や品質管理、研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

製菓

クッキーの硬さ測定(手動)

手動でクッキーの硬さを測定するため、くさび形の治具(クサビプローブ)を使用して切断した際のさくさく感を測ります。テクスチャー(食感)に対する品質評価や品質管理、研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

カステラの柔らかさ測定

カステラの柔らかさ(ふわふわ感)や焼き具合を確認するため、食品食感試験機レオメーターを使用して、押し込んだ際の弾力を測定します。テクスチャー(食感)に対する品質評価や品質管理、研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

ゼリーの弾力測定

ゼリーの弾力を測定するため、押し込んだ際の弾力(圧縮力)を測ります。にかわ及びゼラチンを含むサンプルの測定が可能です。テクスチャー(食感)に対する品質評価や品質管理、研究開発で利用されております。JIS規格に基づいた測定が可能です。
詳細はコチラ

ウエハースの食感測定(切断)

焼き菓子の硬さを測定するため、ナイフ状の治具で切断した際のザクザク感を測ります。テクスチャー(食感)に対する品質評価や品質管理、研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

スポンジケーキの弾力測定

スポンジケーキの弾力を測定するため、押し込んだ際の圧縮した際のふわふわ感と柔らかさを測ります。テクスチャー(食感)に対する品質評価や品質管理、研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

麺類

パスタの引張強度測定

パスタ(麺)の引張強度を測定するため、パスタを上側と下側のアタッチメントにセットし、破断までの最大引張力を測ります。付属のソフトウェアでグラフ化することで、ゆで時間によるパスタの引張特性などを視覚的に比較・詳細分析することが可能です。テクスチャー(食感)に対する品質評価や品質管理、研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

麺の硬さ測定(切断)

麺の硬さやコシを測定するため、くさび形の治具(クサビプローブ)を使用して切断した際の切断強度を測ります。付属のソフトウェアでグラフ化することで、ゆで時間による硬さ傾向などを視覚的に比較・詳細分析することが可能です。テクスチャー(食感)に対する品質評価や品質管理、研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

乳製品・卵

固形チーズの切断試験

食品食感試験機レオメーターとワイヤーカッターを使用してチーズの切断強度を測定します。レオメーターにプリセットされている食品名(固形チーズ)を選択するだけで簡単に測定条件を設定できます。また、変位量の設定もでき、治具がサンプルに触れると変位量が自動でゼロリセットされるため、指定の押し込み量に対する最大荷重値(切断強度)を容易に算出できます。テクスチャー(食感)に対する品質管理や研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

生クリーム泡立てのコツに関する実験(泡立て時間による比較)

本動画では、生クリームの固さを泡立てる時間の長さ別に測定・比較します。食感などを測定するレオメーターのプログラムモードを使って、押し込み量やスピードなど各種試験条件を設定したのち、生クリーム内にプローブを押し入れます。その測定結果は、専用のソフトウェアでグラフ化され、押し下げる力と引き上げる力(固さ)や表面から引き上げる力(付着性)を視覚的に把握できます。ソフトウェアにはグラフ重ね合わせ機能もあり、泡立て時間による生クリームの固さの違いを容易に比較することができます。
詳細はコチラ

バターの硬さ測定(ISO 16305:2005一部準拠)

バターの硬さ測定を行うため、ワイヤーカッターを使用してバターを切断したときの強度を測定します。ISO 16305(2005)に一部準拠した測定が可能で、レオメーターにプリセットされた規格名を選択するだけで簡単に測定条件を設定できます。また付属ソフトウェアを使用することで、規格要求事項である平均値の取得も容易に行えます。テクスチャー(食感)に対する品質管理、研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

肉・魚

ウィンナーの破断強度(歯ごたえ)評価

ウィンナーのパリッとした食感を評価するため、食品食感試験機レオメーターと食品用圧縮治具クサビプローブを使用してウィンナーの破断強度を測定します。レオメーターにプリセットされている肉の分類(肉_ハムなど(加工肉))を選択するだけで容易に測定条件を設定できます。ウィンナーを一定量押し込んだ際の最大荷重値を破断強度としてウィンナーの歯ごたえを数値化して判断することができます。
詳細はコチラ

食品(肉)の破断強度測定

食品の硬さを調べる方法の一つとして、ナイフ状またはくさび型の治具で食品を切ることにより、その破断強度を測定する方法があります。こちらの動画では、加工肉の破断強度測定を紹介しております。硬さを調べるために破断強度測定が適している食品は他にも、クッキー、うどん、固形チーズ、せんべいなどがあります。このような食品の破断強度測定は、食感の品質評価や品質管理、研究開発の分野で利用されています。
詳細はコチラ

野菜・果物

アスパラガスの三点曲げ試験

アスパラガスの硬さを評価するため、食品食感試験機レオメーターと三点折り曲げ用治具を使用してアスパラガスの三点曲げ試験を行います。レオメーターにプリセットされている野菜の分類(野菜_きゅうりなど(棒状になった物))を選択するだけで容易に測定条件を設定できます。指定された量を押し込む過程でアスパラが折れる瞬間が最大荷重値となり、自動で記録されるためアスパラの折れる力を容易に算出できます。
詳細はコチラ

その他

こんにゃくのテクスチャー試験

こんにゃくの歯切れ強度を測定するために、食品食感試験機レオメーターと食品用圧縮治具クサビプローブを使用してこんにゃくが切断されたときの強度を測ります。レオメーターにプリセットされている野菜の分類(野菜_いも加工品)を選択するだけで容易に測定条件を設定できます。治具の押し込みが始まり、こんにゃくの表面が破断された時の最大荷重値を歯切れ強度として数値化することができます。
詳細はコチラ