荷重測定器使用例

手で持って使用したい

フォースゲージを手で持ち、サンプルを直接押したり引っ張ったりする測定です。
一般的かつシンプルな測定方法で、あまり精度が求められない簡易的な品質管理などで多く利用されています。

標準型のフォースゲージは、手にフィットしやすいデザインでハンドユーズにおいても安定した測定をサポートします。
頑丈で扱いやすいメカニカルタイプと便利なデジタル機能を搭載したデジタルタイプがあり、デジタルタイプではデータ管理をサポートする内部メモリ機能や測定の再現性を高める姿勢警告機能が搭載された製品もございます。
フォースゲージ先端の計測軸に様々なアタッチメントを取り付けることで、幅広いサンプルに対応することができます。

簡易的に測定する

メカニカルフォースゲージ
テンションゲージ
LIGHT/MICRO/MEDIO/MACRO
N(ニュートン)モデルのテンションゲージです。丈夫で扱いやすく、屋外でも使用できます。様々な環境で簡易的に荷重を測定することができるばねばかりです。
メカニカルフォースゲージ
シンプルタイプメカニカルフォースゲージ
FB/FSシリーズ
FBシリーズは10N~500Nまでの測定をカバーするコストパフォーマンスの高いシンプルモデルです。止め針機構付でピーク値の測定が可能です。

再現性の高い測定をする

デジタルフォースゲージ
多機能タイプデジタルフォースゲージ
DSVシリーズ
DSVシリーズは2N~1000Nまでの測定をカバーする多機能なフォースゲージです。姿勢変化警告機能で手に持って測定する場合の再現性を高めます。

ハンディ測定を助けるアタッチメント

オプションハンドル
オプションハンドル
FOH-1
FOH-1は最大荷重1000Nまで対応のオプションハンドルです。フォースゲージに取り付けることで両手で安定した荷重をかけることができるオプションハンドルです。
オプションハンドル
ハンディグリップベルト
HGB-1
HGB-1は最大荷重200Nまで対応のハンディグリップベルトです。片手で持って測定する状況にて、フォースゲージの落下を防止するためのハンディグリップベルトです。フォースゲージを安定して持つことが可能なため、力を加えやすくなります。