荷重測定器使用例

設備に組み込んで使用したい

ロードセルは、大きさや固定形状の異なる荷重センサーで、設備に組み込み荷重測定をしたい場合に適した製品になります。
小型のコイン型のセンサーや箱型の固定しやすい形状など様々な形状のものがございます。
また、自動車のブレーキやパワーウインドウの測定に特化するなど通常のフォースゲージでは測定ができない特殊な形状のロードセルも取り揃えております。

専用のアンプに接続して使用することで、荷重データおよび判定値の信号を簡単に出力することができ、不合格時にライトを点灯させ動作を停止させるなどの測定結果と設備の連動制御を可能にします。

特定の用途が決まっている

デジタルフォースゲージ
センサーセパレート型フォースゲージ
ZTSシリーズ(センサーセパレート型)
センサー(ロードセル)が外付けされたセパレート型フォースゲージです。設備への組み込みや特殊な環境など、測定条件や環境に合わせて幅広いラインナップから選択可能。2000Hzの高速サンプリングで 、ピーク測定・グラフ作成の両方で高い再現性をえることができます。ファームウェアVer.5以降のネクストシリーズは、少ノイズによる測定安定性の向上や、専用サイトでのファームウェアのアップデートや各種サービスソフトウェアのダウンロード機能の追加による拡張性を備えています。
デジタルフォースゲージ
センサーセパレート型フォースゲージ
ZTAシリーズ(センサーセパレート型)
センサー(ロードセル)が外付けされたセパレート型フォースゲージです。設備への組み込みや特殊な環境など、測定条件や環境に合わせて幅広いラインナップから選択可能。標準タイプ(ZTSシリーズ)の、高速サンプリングによる高い測定再現性や多様なデータ出力方式などの機能に加え、変位の入出力や、USBメモリを接続できるのが特徴です。ファームウェアVer.5以降のネクストシリーズは、少ノイズによる測定安定性の向上や、専用サイトでのファームウェアのアップデートや各種サービスソフトウェアのダウンロード機能の追加による拡張性を備えています。
デジタルフォースゲージ
デスクトップ型ロードセルアンプ
FA Plus2/eFA Plus2
デスクトップ型アンプFA Plus2/eFA Plus2は使用目的に合わせたロードセルとの組合せで様々な測定を可能にするアンプです。2000 回/秒の高速サンプリングで正確な測定が可能です。設備への組み込みに最適なデスクトップ型(ボックスタイプ)でファクトリーオートメーション設備の一部としても利用可能です。豊富な外部出力で、設備機器(PLC など)との接続が容易です。

いろいろな使い方を検討している

デジタルフォースゲージ
センサー付け替え可能表示器
eZT
異なるロードセルを調整なしで付け替え、測定可能な表示器。設備への組み込みや特殊な環境での測定に最適です。センサーはサンプル、測定条件や環境に合わせて幅広いラインナップから選択可能。2000Hzの高速サンプリングで 、ピーク測定・グラフ作成の両方で高い再現性をえることができます。ファームウェアVer.5以降のネクストシリーズは、少ノイズによる測定安定性の向上や、専用サイトでのファームウェアのアップデートや各種サービスソフトウェアのダウンロード機能の追加による拡張性を備えています。
デジタルフォースゲージ
デスクトップ型ロードセルアンプ
FA Plus2/eFA Plus2
デスクトップ型アンプFA Plus2/eFA Plus2は使用目的に合わせたロードセルとの組合せで様々な測定を可能にするアンプです。2000 回/秒の高速サンプリングで正確な測定が可能です。設備への組み込みに最適なデスクトップ型(ボックスタイプ)でファクトリーオートメーション設備の一部としても利用可能です。豊富な外部出力で、設備機器(PLC など)との接続が容易です。