荷重測定器使用例

トルクと角度の関係を調べたい

トルクと回す角度を同時に測定することで、様々な特性分析をすることができます。

例えば、一定の角度をねじった状態の素材の反発力や、回転するスイッチなどのトルク力と角度の関係性から操作性を評価するなどがあります。
トルクー角度測定は、このような物的の特性を評価するに適した測定となります。
トルクー角度測定ユニットでは、トルク力の大きさと回転角度を測定することができ、専用のソフトウェアでグラフ化することも可能です。
グラフを重ね合わせることで、特性の違いがどの角度で起こっているのかなど、より高度な解析を行っていただくことも可能になります。

ラインナップとしては、卓上の試験機タイプとハンディータイプがあり、ハンディータイプでは自動二輪車のアクセルの操作など、完成車体に取り付け操作感の解析にご利用いただけるなど、従来の試験機と比べ幅広い場面での試験を可能にします。

ハンディタイプのトルクゲージで測定する

トルク-角度計ユニット
トルク-角度測定ユニット
TAA-HTGシリーズ
TAA-HTGシリーズは最大荷重10N-m(1000N-cm)まで対応のトルク-角度測定ユニットです。ポータブルのため機器を持ち運んでの測定に最適で、ロータリースイッチ、鍵などのトルク-角度測定が行えます。

デスクトップタイプのトルクゲージを使用して電動で測定する

トルク-角度計ユニット
トルク-角度測定ユニット
TAA-MTS-TBシリーズ
TAA-MTS-TBシリーズは最大荷重10N-m(1000N-cm)まで対応のトルク-角度測定ユニットです。トルク(回す力・捻る力)と角度測定、分析を簡単かつ精密に実現できるユニットです。ビンなどのふたの開栓・閉栓トルク、基板のひねり強度などの測定に最適です。

デスクトップタイプのトルクゲージを使用して手動で測定する

トルクゲージ(トルク計)
高機能タイプスクリューキャップテスター (トルク計)
DTXAシリーズ
DTXAシリーズは50N-cm ~10N-m(1000N-cm)までの高機能のハイエンドモデル手動スクリューキャップテスター (トルク計)です。標準タイプ(DTXSシリーズ)の機能に加え、角度の入出力、USBメモリへのデータ保存が特徴です。PCのない環境でも直接データを保存することが可能です。
トルクアタッチメント
手動回転補助治具
SDTシリーズ
SDTシリーズは最大荷重5N-m(500N-cm)まで対応のトルクゲージ(トルク計)DTXS/A シリーズ専用の手動回転補助治具です。 手動では測定物を360度以上回転させたり、回転させ続けることは難しいですが、この治具を使えば、つまみを回すことで、360度以上の回転や回転の継続が容易になります。