f.s.はfull scaleの略で、耐荷重値を意味します。例えば、精度が耐荷重に対して±0.2%の場合、50Nが耐荷重の製品は「50N × ±0.2% = ±0.1N」が誤差です。測定値が30Nを示していれば、誤差範囲は「30N ±0.1N = 29.9N~30.1N」となります。