製品カタログ・測定事例ページからお気に入り登録ができます。 お気に入り登録した製品やソリューションのご質問につきましては、まとめてお問い合わせできます。 お客様に一層便利にご利用いただくため、本サイトの「お気に入り」は「Cookie」という技術を使用しています。Cookieにより取得した情報にお客様のお名前、ご住所、電話番号、メールアドレスといった個人情報は一切含まれません。
お気に入り追加
  • お気に入り一覧
        No Favorites
  • お問い合わせ

    ご質問・ご意見などございましたら、こちらからどうぞ。

    お問い合わせ
  • 単位変換器(便利機能)

    荷重値の計算などにご活用ください。
    ※小数点4桁目で四捨五入しております。

     
製品カタログ・測定事例ページからお気に入り登録ができます。 お気に入り登録した製品やソリューションのご質問につきましては、まとめてお問い合わせできます。 お客様に一層便利にご利用いただくため、本サイトの「お気に入り」は「Cookie」という技術を使用しています。Cookieにより取得した情報にお客様のお名前、ご住所、電話番号、メールアドレスといった個人情報は一切含まれません。
お気に入り追加
  • お気に入り一覧
        No Favorites
  • お問い合わせ

    ご質問・ご意見などございましたら、こちらからどうぞ。

    お問い合わせ
  • 単位変換器(便利機能)

    荷重値の計算などにご活用ください。
    ※小数点4桁目で四捨五入しております。

     
株式会社イマダチカラ別測定事例剥がす力・粘着力剥離力(剥離強度)塗膜の付着性試験(JIS K5600-5-7:2014一部準拠)
お気に入り追加

塗膜の付着性試験(JIS K5600-5-7:2014一部準拠)

接着材や塗料などの付着力を確認するための塗膜剥離試験です。こちらの動画では、JIS K5600-5-7(2014)に一部準拠した測定を紹介しています。JIS K5600-5-7(2014)の要求事項として、「張力を塗面に垂直に加え、張力を最初に加えてから90秒以内に試験体の破壊が起きるように1MPa/sを超えない張力増加速度で引っ張り、試験体を破壊した張力を記録する」とあります。接着させた塗膜剥離試験治具の端子を、サンプルの破壊が起こるまで引っ張り、最大荷重値を取得します。この最大荷重値をMPaに換算し、破壊強さを算出します。試験中に、イマダのグラフ描画ソフトウェアを使用し、荷重と時間の関係をグラフ化することで、規格要求を満たしているかを確認でき、且つ破壊にかかる荷重推移を視覚的に確認できます。また、イマダの測定器は1秒間に2000データの高速サンプリング性能を持っているため、最大荷重値を逃さず正確に求めることができます。規格では、6個以上のサンプルを試験し、算出した破壊強さの平均値、最大値、最小値を結果として示します。試験の詳細は動画をご覧ください。JIS K5600-5-7(2014)内のこのような試験は、研究開発や品質管理で利用されています。

関連規格

  • JIS K5600-5-7 (2014) 「塗料一般試験方法-第5部:塗膜の機械的性質-第7節:付着性(プルオフ法)」一部準拠

  • 動画は、特定のサンプルにおける測定イメージです。形状や材質によっては測定できない場合がございます。
  • 製品構成例は一例です。実際の測定サンプル・測定方法・荷重値で推奨製品、関連オプション、レンジは異なります。
  • 動画内で使用している製品が、製品構成例でご紹介している製品と異なる場合がございます。
  • 製品の組み合わせによっては、取り付けることができないものもあります。個別の製品ページで詳細をご確認ください。
製品構成例

高荷重型標準デジタルフォースゲージ

ZTSシリーズ(高荷重型)

標準タイプ電動計測スタンド

MX2シリーズ

塗膜剥離試験治具

THシリーズ

ユニバーサルジョイント

UJ6-1000N/UJ10-5000N

スタンドオプションケーブル (MX2/EMX-ZT接続用)

CB-528

関連測定事例

    © Copyright 株式会社イマダ All Rights Reserved.