メカニカルフォースゲージ(プッシュプルゲージ)

  1. 荷重測定専門メーカーのイマダ
  2. 製品情報
  3. メカニカルフォースゲージ(プッシュプルゲージ)

メカニカルフォースゲージ(プッシュプルゲージ)

メカニカルフォースゲージ(プッシュプルゲージ)

メカニカルフォースゲージは、ばね機構のアナログ式荷重測定器です。別名「プッシュプルゲージ」や「プッシュプルスケール」とも呼ばれており、その名の通り、押したり引っ張ったりする力の測定に使用されます。

メカニカルフォースゲージはデジタルフォースゲージと比べ、力の推移が針の移動によって読み取りやすく、安定した力の負荷を実現できます。頑丈な構造と電源不要という特性から保管・管理が非常に容易であるため、デジタル化が進んだ今でも多くの品質管理の現場でメカニカルフォースゲージは活用されています。特に「日常的には使用しないが、定期的/突発的に荷重測定の必要がある」という場合、低価格で保管のしやすいメカニカルフォースゲージがおすすめです。

1947年に国内で初めて製造を開始して以来、ものづくりの現場を陰ながら支えてきたイマダ製メカニカルフォースゲージ。下部の製品一覧より詳細を是非ご覧ください。

※メカニカルフォースゲージは、ばね式という構造上、破壊試験などの衝撃試験には不向きです。そのような試験にはデジタルフォースゲージを推奨しております。

製品情報一覧

アタッチメント アタッチメント
特注品 特注品