センサー付け替え可能表示器

eZT

  1. 荷重測定専門メーカーのイマダ
  2. 製品情報
  3. デジタルフォースゲージ
  4. eZT

概要 お気に入り追加

eZT eZT

eZT + eDPU-50N eZT + eDPU-50N

eZT

eZT + eDPU-50N

外付けロードセル

多機能

多用途

ネクストシリーズ

eZ-Connect

こちらは調整不要でロードセルを取り換えることができる表示機です。異なるロードセルを使用する場合に、表示機はこれ1つでまかなえます。例えば、圧縮・引張・トルクなど多種類の試験を行う場合は非常に便利です。

特徴

  • 高速サンプリング(2000Hz)で急な荷重の変化にも追従、ピーク値、連続データ共に高い再現性を実現します。
  • 表示器1 台にロードセルを複数付け替えて(調整なし)使用できるため、レンジの異なる測定(例:5Nと1000N)や種類の異なる力の測定(例:トルクと圧縮)も可能です。
  • スペアのロードセルを保有すればオーバーロードなどの場合にもセンサー交換がすぐにでき、稼働停止のリスクを低減します。
  • 付属のUSBケーブルとソフトウェアを使い、内部メモリデータの読み込みや連続データ取得ができます。別売のオプションソフトウェアを使えば荷重-時間/荷重―変位のリアルタイムでのグラフ描画も可能です。
  • ファームウェアVer.5以降のネクストシリーズは、専用サイトでの各種アップデートやソフトウェアのダウンロードが可能なため、用途に合わせたフォースゲージの機能拡張が図れます。

ユーザーガイド動画

設定する

マルチ画面/荷重バーグラフを設定する

設定する

測定モードを設定する

設定する

表示上下反転を設定する

設定する

コンパレータを設定する

設定する

符号を反転させる

設定する

データ管理ソフトウェアForce Logger有線/無線モードで使用する

設定する

データ管理ソフトウェアForce Logger表示・保存項目を設定する/フォースゲージの機能設定と保存

設定する

データ管理ソフトウェアForce Loggerプログラムをインストールする

設定する

データ管理ソフトウェアForce Loggerデバイスドライバをインストールする(ZTシリーズ)

設定する

データ管理ソフトウェアForce Loggerデバイスドライバをインストールする(無線ユニット)

記録する

データを記録・送信する

記録する

データ管理ソフトウェアForce Loggerデータを保存・読み込む

記録する

データ管理ソフトウェアForce LoggerCSVファイルへのエクスポート/データの印刷/データのコピーと貼り付け

記録する

データ管理ソフトウェアForce Loggerデータを取り込む・削除する

記録する

取得データを直接USBメモリに保存する(ZTAシリーズ )

測定する

変位を出力する(ZTAシリーズ)

メンテナンスする

バッテリーを交換する

トラブルシューティング

取扱いの注意点(内蔵センサの故障を防ぐ)

製品情報一覧

アタッチメント アタッチメント
特注品 特注品