踏力計ロードセル

PK2-1500N

  1. 荷重測定専門メーカーのイマダ
  2. 製品情報
  3. 専用ロードセル
  4. PK2-1500N

概要 お気に入り追加

PK2-1500N PK2-1500N

自動車ペダル

IP65

圧縮専用

eZ-Connect

自動車のフットブレーキを踏む力を測定するロードセルです。測定の方法は簡単で、フットブレーキにロードセルを引っ掛け固定し、ロードセル事ブレーキを踏みこめばブレーキの操作力(踏力)を測定できます。IP65対応で、現場でも扱いやすいのが特長です。

特徴

  • 自動車ブレーキペダルの上に踏力計ロードセルを引っ掛けて、ロードセルとペダルを押し込むだけで簡単に踏力を測定できます。
  • 踏力計ロードセルはIEC規格に基づいて規定された保護等級IP65対応のため、水がかかるような環境での測定にも対応できます。
  • ロードセルで感知した荷重値を表示させるにはアンプ内蔵型表示機が必要です。測定の用途・目的が限定されている場合、表示機とロードセルがセットになったセンサーセパレート型フォースゲージをお選び頂けます。また、1台の表示機へ複数のロードセルをつなぎ変えて使用できるタイプ(eZ-Connect)もございます。eZ-connectは、様々な測定をするなどの理由でロードセルを取り換えることがあるという場合に便利な機種です。どちらも手で持って使用することができる小型のアンプ内蔵型表示機ですので、車内での測定値確認も容易に行えます。

各種資料・関連情報

製品情報一覧

アタッチメント アタッチメント
特注品 特注品