小型ロードセル

LUシリーズ

  1. 荷重測定専門メーカーのイマダ
  2. 製品情報
  3. 圧縮・引張両用ロードセル
  4. LUシリーズ

概要 お気に入り追加

LU-100N LU-100N

小型

ねじ固定

中低荷重

高荷重

圧縮引張両用

eZ-Connect

センサー部の直径は約Φ28㎜と小型ながら、最大2000Nまで測定可能な圧縮引張両用ロードセルです。めねじ部分を利用し設備に固定し、アイボルトなどを接続することができます。

特徴

  • 小型で軽量なロードセルのため、狭いスペースでの測定に最適です。両端がめねじのデザインになっているため、設備への組み込みや治具の取り付けも簡単です。
  • 引張・圧縮両用で、幅広い用途にご利用いただけます。
  • 小型ですが、最大荷重値のレンジが50N~2000Nと比較的大きな荷重の測定にも対応できます。
  • ロードセルで感知した荷重値を表示させるにはアンプ内蔵型表示機が必要です。測定の用途・目的が限定されている場合、表示機とロードセルがセットになったセンサーセパレート型フォースゲージをお選び頂けます。また、1台の表示機へ複数のロードセルをつなぎ変えて使用できるタイプ(eZ-Connect)もございます。eZ-connectは、様々な測定をするなどの理由でロードセルを取り換えることがあるという場合に便利な機種です。

各種資料・関連情報

製品情報一覧

アタッチメント アタッチメント
特注品 特注品