パワーウインドウの挟み込み防止機能安全性評価(簡易点検)

  1. 荷重測定専門メーカーのイマダ
  2. ソリューション
  3. 圧縮試験
  4. パワーウインドウの挟み込み防止機能安全性評価(簡易点検)

概要 お気に入り

パワーウインドウの挟み込み防止機能安全性評価(簡易点検)

閉める力

スタンド不要

パワーウインドウの挟み込み防止機能安全性評価を目的とした試験です。専用ロードセルを自動車の窓フレームにセットし、自動車のパワーウインドウの挟み込み防止機能が作動する際の荷重値を測定します。パワーウインドウによる挟み込み事故を防ぐためには、防止機能が設定値で確実に作動することが求められます。当試験は、その安全性評価、保守点検、品質管理の場面で活用いただけます。また、測定データは無線ユニットを使用して受信することもでき、有線でのデータ管理が難しい環境での測定にも対応できます。

関連サンプル

  • パワーウィンドウ
  • 車体のドア

測定動画

注意事項

ZTSシリーズのご使用をお勧めしております。
無線ユニットを使用することで、パソコンと接続することなく、測定データをソフトウェアに送信することが可能です。
動画は、特定のサンプルにおける測定イメージです。形状や材質によっては測定できない場合がございます。
製品構成例は一例です。実際の測定サンプル・測定方法・荷重値で推奨製品、関連オプション、レンジは異なります。
動画内で使用している製品が、製品構成例でご紹介している製品と異なる場合がございます。
製品の組み合わせによっては、取り付けることができないものもあります。個別の製品ページで詳細をご確認ください。

ソリューションに関するお問い合わせ

製品情報一覧

アタッチメント アタッチメント
特注品 特注品