自動引き戸セットの安全性評価(動的/静的力測定)

  1. 荷重測定専門メーカーのイマダ
  2. ソリューション
  3. 圧縮試験
  4. 自動引き戸セットの安全性評価(動的/静的力測定)

概要 お気に入り

自動引き戸セットの安全性評価(動的/静的力測定)

閉める力

JIS

自動引き戸の安全性を確かめるために、その動的力と静的力を測定する試験です。JIS A4722:2017に一部準拠しています。試験では、規格条件に定められたドアと壁の間の距離に合わせ最適な長さで選んだスペーサを使いながら、自動ドアがセンサーに衝突した際の最大荷重値を測ります。時間とともに推移する荷重値を記録するソフトウェアを使うことで、動的力と静的力が基準内におさまっているか確認ができます。より正確に測定したい場合は、センサーを保持しやすいスペーサハンドルを併用することをお勧めします。日常的な自動引き戸の保守点検などに最適な測定仕様です。

関連規格

JIS A4722 [ 2017 ] 「歩行者用自動ドアセット-安全性」一部準拠

関連サンプル

  • 自動ドア

測定動画

注意事項

動画は、特定のサンプルにおける測定イメージです。形状や材質によっては測定できない場合がございます。
製品構成例は一例です。実際の測定サンプル・測定方法・荷重値で推奨製品、関連オプション、レンジは異なります。
動画内で使用している製品が、製品構成例でご紹介している製品と異なる場合がございます。
製品の組み合わせによっては、取り付けることができないものもあります。個別の製品ページで詳細をご確認ください。

ソリューションに関するお問い合わせ

製品情報一覧

アタッチメント アタッチメント
特注品 特注品