医療用軟質バリア材料のシール強さ試験(ASTM F88/F88M–15: 2015 一部準拠)

  1. 荷重測定専門メーカーのイマダ
  2. ソリューション
  3. 剥離試験
  4. 医療用軟質バリア材料のシール強さ試験(ASTM F88/F88M–15: 2015 一部準拠)

概要 お気に入り

T型剥離

ASTM

グラフ描画

医療機器・医薬品は人や動物の疾病における診断、治療、または予防に使用されるものであり、人や動物の健康に密接にかかわっています。そのため、高い安全性が求められ、規格や社内規定で厳格に管理されているものも多くあります。本動画は、ASTM F88/F88M–15に準拠した方法で 医療用軟質バリア材料のシール強さを測定します。オプションのグラフ描画ソフトウェアを使用して測定と同時に荷重と変位の関係をグラフ化し、規格の要求(取得したグラフの中心80%を範囲選択、統計値から平均値を取得するなど)を満たしながら、簡単にシール強度を評価することができます。(ASTM F88/F88M–15のではT型剥離試験の方法が用いられていますが、規格内では“Technique A”と呼ばれています。)

関連規格

ASTM F88/F88M–15 [ 2015 ] 「Standard Test Method for Seal Strength of Flexible Barrier Materials」一部準拠

関連サンプル

  • 軟質バリア材料のシール

測定動画

注意事項

動画は、特定のサンプルにおける測定イメージです。形状や材質によっては測定できない場合がございます。
製品構成例は一例です。実際の測定サンプル・測定方法・荷重値で推奨製品、関連オプション、レンジは異なります。
動画内で使用している製品が、製品構成例でご紹介している製品と異なる場合がございます。
製品の組み合わせによっては、取り付けることができないものもあります。個別の製品ページで詳細をご確認ください。

ソリューションに関するお問い合わせ

製品情報一覧

アタッチメント アタッチメント
特注品 特注品