スポット溶接の強度試験

  1. 荷重測定専門メーカーのイマダ
  2. ソリューション
  3. 自動車・輸送機器
  4. スポット溶接の強度試験

概要 お気に入り

スポット溶接の強度試験

接合強度

グラフ描画

スポット溶接された鉄板の両端を引っ張り、溶接部の強度を測定する試験です。イマダでは、最大5000Nまで対応可能な高荷重レンジのフォースゲージやスタンド、アタッチメントをそろえており、様々なサンプルの接合強度を測ることができます。グラフ描画ソフトウェアを用いることで、ピーク値はもちろん、測定中の荷重の推移を記録・確認することが可能です。ビデオでは、接合部が完全に剥がれるまで測定していますが、同じ製品構成で、一定の荷重値を一定時間かけ続けて接合部が剥がれないか、といった耐久試験を行うことも可能です。

関連サンプル

  • スポット溶接
  • 薄板
  • 建築資材

測定動画

注意事項

動画は、特定のサンプルにおける測定イメージです。形状や材質によっては測定できない場合がございます。
製品構成例は一例です。実際の測定サンプル・測定方法・荷重値で推奨製品、関連オプション、レンジは異なります。
動画内で使用している製品が、製品構成例でご紹介している製品と異なる場合がございます。
製品の組み合わせによっては、取り付けることができないものもあります。個別の製品ページで詳細をご確認ください。

ソリューションに関するお問い合わせ

製品情報一覧

アタッチメント アタッチメント
特注品 特注品