ファインセラミックスの3点曲げ強度試験(JIS R1601 :2008 一部準拠)

  1. 荷重測定専門メーカーのイマダ
  2. ソリューション
  3. 各種化学製品・素材
  4. ファインセラミックスの3点曲げ強度試験(JIS R1601 :2008 一部準拠)

概要 お気に入り

ファインセラミックスの3点曲げ強度試験(JIS R1601 :2008 一部準拠)

曲げ強度

JIS

JIS R1601 (2008) 「ファインセラミックスの 室温曲げ強さ試験方法」に一部準拠したファインセラミックスの折り曲げ強度試験です。この動画で使用する3点曲げ試験治具は受け具に目盛りがついており、JIS R1601 (2008)に規定のある外部支点間距離(外側の2支点間の距離)のセッティングも容易に行えます。製造中のわずかな傷や不純物の混入であっても特性にバラつきが発生してしまうファインセラミックスにはこのような強度の評価が重要で、品質管理に利用されております。

関連規格

JIS R1601 [ 2008 ] 「ファインセラミックスの 室温曲げ強さ試験方法」一部準拠

関連サンプル

  • ファインセラミックス
  • 金属板

測定動画

注意事項

丸棒状サンプルでの測定の際は、サンプルが転がりやすいため、オプション製品のBT-CGの取り付けを推奨します。
飛散するサンプルでの測定にはご注意ください。
動画は、特定のサンプルにおける測定イメージです。形状や材質によっては測定できない場合がございます。
製品構成例は一例です。実際の測定サンプル・測定方法・荷重値で推奨製品、関連オプション、レンジは異なります。
動画内で使用している製品が、製品構成例でご紹介している製品と異なる場合がございます。
製品の組み合わせによっては、取り付けることができないものもあります。個別の製品ページで詳細をご確認ください。

ソリューションに関するお問い合わせ

製品情報一覧

アタッチメント アタッチメント
特注品 特注品