印刷紙の引張特性試験(JIS P8113:2006に一部準拠)

  1. 荷重測定専門メーカーのイマダ
  2. ソリューション
  3. 化粧品・日用品
  4. 印刷紙の引張特性試験(JIS P8113:2006に一部準拠)

概要 お気に入り

印刷紙の引張特性試験(JIS P8113:2006に一部準拠)

引張強度

JIS

引張強さは、紙の引張特性を評価するために重要な要素の一つです。こちらの動画では、JIS P8113:2006に一部準拠した印刷紙の引張強さ試験を行っています。測定方法としては、規格で規定された幅の印刷紙の両端を引っ張り、破断するまでの最大荷重値を測定します。規格に基づいて、10個のサンプルを測定し、最大荷重値の平均値とサンプルの幅で計算し引張強さを算出します。ネクストシリーズのフォースゲージを使えば、イマダコネクテッドからフォースゲージに「剥離換算表示機能」を追加することで、荷重値とともに自動換算された測定結果(引張強さ)が表示されます。また、ダウンロード版の測定データ取り込みソフトウェアを使用することで、印刷紙の引張強さ(=剥離力の平均値)が自動算出が可能となります。紙や板紙などの品質管理や引張特性分析にご活用ください。

関連規格

JIS P 8113 [ 2006 ] 「紙及び板紙―引張特性の試験方法―第2部 : 定速伸張法」一部準拠

関連サンプル

  • 印刷用紙

測定動画

注意事項

動画は、特定のサンプルにおける測定イメージです。形状や材質によっては測定できない場合がございます。
製品構成例は一例です。実際の測定サンプル・測定方法・荷重値で推奨製品、関連オプション、レンジは異なります。
動画内で使用している製品が、製品構成例でご紹介している製品と異なる場合がございます。
製品の組み合わせによっては、取り付けることができないものもあります。個別の製品ページで詳細をご確認ください。

ソリューションに関するお問い合わせ

製品情報一覧

アタッチメント アタッチメント
特注品 特注品