樹脂板の接着せん断強度試験

  1. 荷重測定専門メーカーのイマダ
  2. ソリューション
  3. 電子機器・半導体
  4. 樹脂板の接着せん断強度試験

概要 お気に入り

樹脂板の接着せん断強度試験

接合強度

接着剤で二つの板(部品)を接着した部品は、幅広い業界で多様な製品に使用されています。どのような業界の製品であれ、接着力が弱く接着した2つの板がすぐに剝がれてしまっては、製品の破損、ユーザーのケガなどにつながるリスクもあり、十分な接着強度があるかを確認するのが重要です。接着強度を評価するためには、せん断、剥離や曲げなど様々な試験方法がありますが、こちらの動画では、せん断強度を試験します。つまり、2つの板を接着したものを両端から引っ張るという方法です。動画の測定サンプルは樹脂板ですが、接着した樹脂板を掴む際に表面を傷つけることを防ぐために、ラバー歯(オプション)のフラットチャック治具を使用しています。オプションのグラフ描画ソフトウェアを使用すれば、接着部が分離するまでの力の推移を視覚的に確認することができ、せん断強度の分析が可能です。せん断強度試験は、幅広い業界・測定サンプルの品質評価、品質管理で行われております。

関連サンプル

  • アクリル板
  • ガラス
  • 樹脂

測定動画

注意事項

動画は、特定のサンプルにおける測定イメージです。形状や材質によっては測定できない場合がございます。
製品構成例は一例です。実際の測定サンプル・測定方法・荷重値で推奨製品、関連オプション、レンジは異なります。
動画内で使用している製品が、製品構成例でご紹介している製品と異なる場合がございます。
製品の組み合わせによっては、取り付けることができないものもあります。個別の製品ページで詳細をご確認ください。

ソリューションに関するお問い合わせ

製品情報一覧

アタッチメント アタッチメント
特注品 特注品