スイッチの作動力測定

  1. 荷重測定専門メーカーのイマダ
  2. ソリューション
  3. 産業用機械・部品
  4. スイッチの作動力測定

概要 お気に入り

スイッチの作動力測定

操作力

グラフ描画

スイッチの作動力を手動スタンドを使って計測する試験です。スイッチフィーリング試験とも呼ばれます。スイッチを作動させるまで押し込む荷重を計測し、押しやすさやクリック感を数値化します。フォースゲージで、ピーク値を定義する荷重減少値を設定することで、スイッチが押される瞬間の荷重をファーストピーク値としてしっかり記録できます。変位入力付きの仕様にした場合には、スイッチが入るまでの押し込み量も測定することができます。

関連サンプル

  • タクタイルスイッチ

測定動画

注意事項

動画は、特定のサンプルにおける測定イメージです。形状や材質によっては測定できない場合がございます。
製品構成例は一例です。実際の測定サンプル・測定方法・荷重値で推奨製品、関連オプション、レンジは異なります。
動画内で使用している製品が、製品構成例でご紹介している製品と異なる場合がございます。
製品の組み合わせによっては、取り付けることができないものもあります。個別の製品ページで詳細をご確認ください。

ソリューションに関するお問い合わせ

製品情報一覧

アタッチメント アタッチメント
特注品 特注品