包装フィルムの摩擦係数試験

  1. 荷重測定専門メーカーのイマダ
  2. ソリューション
  3. 包装・容器・紙
  4. 包装フィルムの摩擦係数試験

概要 お気に入り

包装フィルムの摩擦係数試験

摩擦力

JIS

グラフ描画

摩擦係数試験用治具を使用して、包装フィルムの滑りやすさ(すべり性)をJIS K7125 (1999) 「プラスチック-フィルム及びシート-摩擦係数試験方法」に基づき測定します。摩擦係数試験用治具の付属ソフトウェアにより静摩擦係数および平均動摩擦係数を自動計算できるため、簡単に試験結果を得ることができます。フィルムの滑りやすさは、その材料の特性や表面の状態により影響を受けるため、このような摩擦係数試験での評価が品質管理や研究開発に利用されております。

関連規格

JIS K7125 [ 1999 ] 「プラスチック-フィルム及びシート-摩擦係数試験方法」一部準拠

関連サンプル

  • プラスチックフィルム
  • プラスチックシート

測定動画

注意事項

ウエイトの引張には、フォースゲージ付属のアタッチメント(A-1)を使用します。
動画は、特定のサンプルにおける測定イメージです。形状や材質によっては測定できない場合がございます。
製品構成例は一例です。実際の測定サンプル・測定方法・荷重値で推奨製品、関連オプション、レンジは異なります。
動画内で使用している製品が、製品構成例でご紹介している製品と異なる場合がございます。
製品の組み合わせによっては、取り付けることができないものもあります。個別の製品ページで詳細をご確認ください。

ソリューションに関するお問い合わせ

製品情報一覧

アタッチメント アタッチメント
特注品 特注品