緩衝材の反発力測定

  1. 荷重測定専門メーカーのイマダ
  2. ソリューション
  3. 包装・容器・紙
  4. 緩衝材の反発力測定

概要 お気に入り

緩衝材の反発力測定

硬さ

グラフ描画

緩衝材の反発力(弾性)を測定するため、イマダの荷重-変位測定ユニットを使用して、圧縮試験を行います。緩衝材を押せば押すほど圧縮力が大きくなるため、一定の押し込み量(変位量)での最大圧縮力を比較する必要があります。つまり、変位を基準に荷重値を分析する必要があるという事です。イマダの荷重-変位測定を使用すれば、荷重と変位の関係をグラフ化し、緩衝材が押しつぶされる力と元の形に戻ろうとする反発力の荷重推移を視覚的に確認できます。このような試験は品質管理や研究開発で利用されております。

関連サンプル

  • クッション材
  • 保護材
  • 梱包材
  • 緩衝材
  • エアパック

測定動画

注意事項

動画は、特定のサンプルにおける測定イメージです。形状や材質によっては測定できない場合がございます。
製品構成例は一例です。実際の測定サンプル・測定方法・荷重値で推奨製品、関連オプション、レンジは異なります。
動画内で使用している製品が、製品構成例でご紹介している製品と異なる場合がございます。
製品の組み合わせによっては、取り付けることができないものもあります。個別の製品ページで詳細をご確認ください。

ソリューションに関するお問い合わせ

製品情報一覧

アタッチメント アタッチメント
特注品 特注品