レジ袋のヒートシール強度試験(JIS Z 1711:1994一部準拠)

  1. 荷重測定専門メーカーのイマダ
  2. ソリューション
  3. 包装・容器・紙
  4. レジ袋のヒートシール強度試験(JIS Z 1711:1994一部準拠)

概要 お気に入り

T型剥離

JIS

グラフ描画

レジ袋やごみ袋などポリエチレン製袋のヒートシール強度を確認するための引張強度試験例です。こちらのビデオでは、JIS Z 1711(1994)の一部に準拠した測定を紹介しています。JIS Z 1711(1994)の要求規格には、細かな条件は色々とありますが、主となる部分として「試験速度は毎分500mm±10%とし,ヒートシール部が破断するまで試験し,最大荷重を有効数字3けたまで求める。」というのがあります。最大荷重=その袋のヒートシール強さとなります。最大荷重を取得する際に重要なことは、測定器のデータ取得の速さ(サンプリング速度)です。最大荷重になる瞬間というのは一瞬ですので、データ取得の速さが遅いと、その瞬間を取り逃してしまう恐れがあります。イマダの測定器は、1秒に2000データを取得できる高速サンプリング性能を持っているので、最大荷重を逃さず正確に求めることができます。試験速度500mmにももちろん対応可能です。詳細はビデオをご覧ください。JIS Z 1711(1994)内のこのような試験は、研究開発や品質管理で利用されています。

関連規格

JIS Z1711 [ 1994 ] 「ポリエチレンフィルム製袋」一部準拠

関連サンプル

  • レジ袋
  • 平袋
  • ガセット袋
  • 食品用袋
  • 軟袋

測定動画

注意事項

動画は、特定のサンプルにおける測定イメージです。形状や材質によっては測定できない場合がございます。
製品構成例は一例です。実際の測定サンプル・測定方法・荷重値で推奨製品、関連オプション、レンジは異なります。
動画内で使用している製品が、製品構成例でご紹介している製品と異なる場合がございます。
製品の組み合わせによっては、取り付けることができないものもあります。個別の製品ページで詳細をご確認ください。

ソリューションに関するお問い合わせ

製品情報一覧

アタッチメント アタッチメント
特注品 特注品