粘着力・粘度

耐震ジェルマットのタック試験

耐震ジェルマットは安全な暮らしを支えますが、耐震ジェルマットの粘着力が低ければ、家具などの転倒を十分に防ぐことはできません。そこで、十分な粘着力があるかを確認する方法としてタック試験があります。具体的には、耐震ジェルマットの測定サンプルに一定の速度で圧縮し、一定の荷重値に達したら戻します。その戻す時の最大荷重値が耐震ジェルマットの粘着力になります。このような試験は品質管理や研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

絆創膏のプローブタック試験

絆創膏等のプローブタック試験のため、プローブタックテスターで粘着力を測定します。品質評価、品質管理や研究開発で利用されております。
詳細はコチラ

クリームの柔らかさ測定

クリームの柔らかさを測定するため、平型プローブでクリームを押し込み、感触(硬さ)を数値化します。基礎化粧品やボディクリーム、ハンドクリーム、整髪剤などの研究開発や品質管理で利用されております。
詳細はコチラ

剥離試験機を使用した粘着シートの180度粘着力試験

テープやシートの粘着力の測定事例です。粘着力の測定では、その測定物を剥がす力の平均を出す必要があるため、剥がす速度を一定にするのが重要です。剥がす速度にばらつきがあると、平均値に影響を及ぼすためです。動画では、剥離試験専用機を使用し、粘着シートを180度で剥がす粘着力試験を紹介しています。このイマダの剥離試験専用機は、電動で剥がす速度を一定に保ち、平均値を自動で算出することができるため、より正確に、そして簡単に粘着力を測定することができます。
詳細はコチラ