絆創膏のプローブタック試験 ASTM D2979(2016)に一部準拠した測定

  1. 荷重測定専門メーカーのイマダ
  2. ソリューション
  3. 圧縮引張試験
  4. 絆創膏のプローブタック試験 ASTM D2979(2016)に一部準拠した測定

概要 お気に入り

絆創膏のプローブタック試験 ASTM D2979(2016)に一部準拠した測定

タック試験

ASTM

日本薬局方

グラフ描画

絆創膏の粘着性を測定するためのプローブタック試験です。プローブタック試験とは、粘着面に規定された円柱状のプローブを一定の時間接触させた後に引き剥がす際の力を測定する試験です。テープなどの粘着力を測る測定には90度や180度の剥離試験が一般的ですが、このプローブタック試験を行うことで厚みのあるサンプルや硬いものなど、曲げると測定値に影響するようなサンプルでも正確に測定できます。ASTM D2979:2016「Standard Test Method for Pressure-Sensitive Tack of Adhesives Using an Inverted Probe Machine」や、日本薬局方6.12.(3.4.): 第十七改正「プローブタック試験法」に一部準拠した測定が可能で、専用治具を使用することで規格が求める高い要求事項に忠実な測定が行えます。このような試験は研究開発や品質管理に活用いただけます。

関連規格

ASTM D2979 [ 2016 ] 「Standard Test Method for Pressure-Sensitive Tack of Adhesives Using an Inverted Probe Machine」一部準拠

日本薬局方 [ 第十七改正 ] 「6.12 粘着力試験法 "3.4. プローブタック試験法"」一部準拠

関連サンプル

  • 絆創膏
  • 湿布

測定動画

注意事項

規格に準拠した荷重負荷条件を設定するために、オプションケーブルで荷重コントロール機能を有効化する必要があります。
動画は、特定のサンプルにおける測定イメージです。形状や材質によっては測定できない場合がございます。
製品構成例は一例です。実際の測定サンプル・測定方法・荷重値で推奨製品、関連オプション、レンジは異なります。
動画内で使用している製品が、製品構成例でご紹介している製品と異なる場合がございます。
製品の組み合わせによっては、取り付けることができないものもあります。個別の製品ページで詳細をご確認ください。

ソリューションに関するお問い合わせ

製品情報一覧

アタッチメント アタッチメント
特注品 特注品