ロードセルとは?使い方は?

  1. 荷重測定専門メーカーのイマダ
  2. 製品情報
  3. ロードセルとは?使い方は?

ロードセルとは?

ロードセルとは?

ロードセルとは、荷重(力)やトルクを検知し、その大きさを電気信号に変換するセンサーです。「荷重変換器」や「荷重センサー」の名前でも呼ばれています。

ロードセルは専用アンプ(表示器)と接続することで、測定結果を数値化し表示することができます。また、測定データ及び合否判定値の信号を簡単に出力することが可能なり、測定データの管理や測定結果と設備の連動を簡易に行えます。

ロードセルは、フォースゲージと異なりビーム型・コイン型・S字型など様々な形状があるため、狭いスペースでの測定や特定の設備に組み込みなが可能です。また、車両のハンドブレーキやフットブレーキなど特殊なサンプルに適した形状の専用タイプもあります。さらに、高温低温、多塵、水がかかるような厳しい環境でも対応できるロードセルもあります。

普段あまり目にする機会のないロードセルですが、様々な生産設備はもとより、私たちの日常を支えるもの、例えば自動車の組立部品や完成車体の強度検査および操作性の評価など、幅広いものづくりの現場で活躍しています。

●ロードセルの全ラインアップはこちら。
全ロードセル一覧>

ロードセル選定のポイント

ロードセル選定のポイント

ロードセルを選定する際のポイントとしては、以下の5点があります。

1つ目は、ロードセルの「形状」です。測定スペースやサンプルに適した固定方法・サイズのロードセルを使用することが重要です。例えば、コイン型のロードセルは、小型・薄型のため、狭い隙間に挿入が可能で、狭い場所、不安定な場所での測定に最適です。

2つ目は、ロードセルの「測定方向」です。ロードセルは圧縮専用・引張専用のタイプもありますので、行いたい測定に対応できるかどうかの確認が必要です。

3つ目は、ロードセルの「測定環境」です。温度などの制約がある測定環境に対応したい場合、特定タイプのロードセルが必要になります。

4つ目は、ロードセルの「最大荷重値」です。予想される荷重値より大きなレンジをお選びいただくことで、ロードセルの破損を予防することができます。特に常時稼働する設備での利用のように荷重負荷頻度が高い場合は、余裕を持ったレンジ選定により耐久性が上がりますので、設備の安定稼働につながります。また、設備に組み込み場合、意図せずに大きな荷重が発生する可能性がありますので、余裕を持ったレンジ選定も推奨されます。

5つ目は、ロードセルの「精度」です。ロードセルと表示器を組み合わせた際の精度は表示器のタイプにより異なりますので、測定要求に合わせお選びください。また、高い精度は、より正確なデータ管理につながりますが、維持管理の工数・難易度が上がります。

イマダでは、お客様のニーズに合わせた製品選定も行っておりますので、選定に不安がある際はご利用ください。お問い合わせはこちら

※ロードセルと表示器によって仕様が異なりますので、詳細は各製品ページの仕様書をご覧ください。

組み込んで測る

組み込んで測る

ロードセルを設備や外部機器に組み込み、圧縮または引張方向にかかる負荷を測定することで、生産ラインの負荷監視、プロセス制御や完成品検査などを実現します。

ロードセルはフォースゲージと異なり、表示器と分離されているため、狭いスペースなどフォースゲージが測定できないケースも対応できます。また、組み込みに最適な直方体形状、ネジで固定しやすい構造を持つロードセルは、設備や外部機器への組み込みが容易です。さらに、IP対応(保護等級)のロードセルは、過酷な環境での測定でも実現できます。

※ロードセルによって仕様が異なりますので、詳細は各製品ページの仕様書をご覧ください。

手で持って・足で踏んで測る

手で持って・足で踏んで測る

ロードセルを直接手で持って、または足で踏んで測定することができます。

ロードセルを手で持ちサンプルに挟んだり、直接押したり、引っ張ったり、あるいは回したりして測定します。また、足で踏んで測定することもできます。実際に手や足を使ってサンプルに力をかける測定やその感覚を数値化したい場面での利用や、完成品など移動が難しいものに持ち運んで測定する場合などに活用いただけます。

※ロードセルを手で持って・足で踏んで測るイメージは、各製品の測定例動画をご覧ください。
※トルクのロードセルは、別売のアタッチメントが必要なタイプがあります。詳細は製品ページの仕様書をご覧ください。

特定の用途

特定の用途

イマダのロードセルには特定の用途に特化したタイプもございます。一例として、規格に準拠した日常安全点検用にご使用いただける自動ドア・回転ドア用ロードセル、その他クレーンスケールタイプのロードセルなどがあり、多様な荷重測定のニーズに対応します。

※詳細は各ロードセルの製品ページの仕様書をご覧ください。

製品情報一覧

アタッチメント アタッチメント
特注品 特注品