表面実装部品の固着性(せん断強さ)試験(JIS C60068-2-21:2009 一部準拠)

  1. 荷重測定専門メーカーのイマダ
  2. ソリューション
  3. 圧縮試験
  4. 表面実装部品の固着性(せん断強さ)試験(JIS C60068-2-21:2009 一部準拠)

概要 お気に入り

表面実装部品の固着性(せん断強さ)試験(JIS C60068-2-21:2009 一部準拠)

せん断力

JIS

IEC

グラフ描写

JIS C60068-2-21 (2009) 「環境試験方法-電気・電子-第2-21部:試験-試験U:端子強度試験方法」に基づいて表面実装部品の固着性(せん断強さ)試験を行います。JIS C60068-2-21 (2009) では、表面実装部品に治具を5Nで10秒間押し付け、接合部または部品に破壊がないかを確認することが求められています。このような動作設定はもちろんのこと、専用治具を用いることでサンプルのセットもストレスなく行えるため繰り返しの測定も簡単です。このような測定は品質評価、品質管理の場面で活用いただけます。

関連規格

JIS C60068-2-21 [ 2009 ] 「環境試験方法-電気・電子-第2-21部:試験-試験U:端子強度試験方法」一部準拠

IEC 60068-2-21 [ 2006 ] 「Environmental testing - Part 2-21: Tests - Test U: Robustness of terminations and integral mounting devices」一部準拠

関連サンプル

  • 表面実装部品
  • 基板

測定動画

注意事項

JIS規格に準拠した測定の場合、電動計測スタンドEMXシリーズが必要です。
動画は、特定のサンプルにおける測定イメージです。形状や材質によっては測定できない場合がございます。
製品構成例は一例です。実際の測定サンプル・測定方法・荷重値で推奨製品、関連オプション、レンジは異なります。
動画内で使用している製品が、製品構成例でご紹介している製品と異なる場合がございます。
製品の組み合わせによっては、取り付けることができないものもあります。個別の製品ページで詳細をご確認ください。

ソリューションに関するお問い合わせ

製品情報一覧

アタッチメント アタッチメント
特注品 特注品