フレキシブルプリント配線板の引きはがし試験(JIS C 5016:1994 一部準拠)

  1. 荷重測定専門メーカーのイマダ
  2. ソリューション
  3. 剥離試験
  4. フレキシブルプリント配線板の引きはがし試験(JIS C 5016:1994 一部準拠)

概要 お気に入り

フレキシブルプリント配線板の引きはがし試験(JIS C 5016:1994 一部準拠)

剥離力

JIS

IEC

グラフ描画

JIS C 5016 (1994) 「フレキシブルプリント配線板試験方法」に一部準拠したフレキシブルプリント配線板の90度剥離試験(ピールテスト)で、フレキシブルプリント配線板を剥がした際の粘着力を測定します。フレキシブルプリント配線板は様々な電子デバイスに使用されており、その薄さや柔軟性から機器の省スペース化、軽量化に貢献できることもあり需要は拡大を続けています。この測定では、電動計測スタンドやソフトウェアを用いることでJIS C 5016 (1994)にある測定条件に沿って効率よく試験することができ、今後も増加する検査ニーズへの対応に活用いただけます。

関連規格

JIS C 5016 [ 1994 ] 「フレキシブルプリント配線板試験方法」一部準拠

IEC 326-2 [ 1990 ] 「Printed boards Part2: Test Method」一部準拠

関連サンプル

  • フレキシブルプリント配線板
  • 基板
  • QFPリード

測定動画

注意事項

動画は、特定のサンプルにおける測定イメージです。形状や材質によっては測定できない場合がございます。
製品構成例は一例です。実際の測定サンプル・測定方法・荷重値で推奨製品、関連オプション、レンジは異なります。
動画内で使用している製品が、製品構成例でご紹介している製品と異なる場合がございます。
製品の組み合わせによっては、取り付けることができないものもあります。個別の製品ページで詳細をご確認ください。

ソリューションに関するお問い合わせ

製品情報一覧

アタッチメント アタッチメント
特注品 特注品