菓子袋などヒートシールの開封力測定(JIS S 0021-2:2018の一部に準拠)

  1. 荷重測定専門メーカーのイマダ
  2. ソリューション
  3. 剥離試験
  4. 菓子袋などヒートシールの開封力測定(JIS S 0021-2:2018の一部に準拠)

概要 お気に入り

菓子袋などヒートシールの開封力測定(JIS S 0021-2:2018の一部に準拠)

剥離力

JIS

JIS S 0021-2 (2018)は、食品包装の易開封性に関する規格です。このJIS S 0021-2 (2018)では、スクリューキャップなどの蓋材をはじめ様々な包装容器の易開封性を確認するための試験方法を規定しています。ここではヒートシールにより密封された食品包装袋(菓子袋など)の開封力試験を紹介します。JIS S 0021-2(2018)の要求事項には細かな条件がありますが、主となるのは「開封強さと開封距離の関係を図として示し、その過程の最大荷重値を読み取る」というもので、つまりは引張荷重と変位の関係をグラフ化する必要があるということです。この動画で使用している荷重-変位測定ユニットに付属のソフトウェアを使用することで、開封強さと開封距離の関係をグラフ化でき、最大荷重値も容易に確認できます。荷重-変位測定ユニットは卓上サイズで扱いやすく、JIS S 0021-2(2018)に準拠した測定も比較的簡単に行うことができます。このような試験は研究開発や品質管理で利用されています。

関連規格

JIS S0021-2 [ 2018 ] 「包装-アクセシブルデザイン-開封性 "B.1.4 軟包装袋の引き剥がし"」一部準拠

関連サンプル

  • ヒートシール包装
  • 食品袋
  • 菓子包装
  • 菓子袋
  • 食品包装

測定動画

注意事項

JIS規格に準拠した測定の場合、フィルムチャックの首固定オプションが必要です。
動画は、特定のサンプルにおける測定イメージです。形状や材質によっては測定できない場合がございます。
製品構成例は一例です。実際の測定サンプル・測定方法・荷重値で推奨製品、関連オプション、レンジは異なります。
動画内で使用している製品が、製品構成例でご紹介している製品と異なる場合がございます。
製品の組み合わせによっては、取り付けることができないものもあります。個別の製品ページで詳細をご確認ください。

ソリューションに関するお問い合わせ

製品情報一覧

アタッチメント アタッチメント
特注品 特注品