シリンジニードルの引抜強度試験 (JIS T3209:2011に一部準拠した測定)

  1. 荷重測定専門メーカーのイマダ
  2. ソリューション
  3. 引張試験
  4. シリンジニードルの引抜強度試験 (JIS T3209:2011に一部準拠した測定)

概要 お気に入り

シリンジニードルの引抜強度試験 (JIS T3209:2011に一部準拠した測定)

接合強度

JIS

ニードル引き抜き試験治具を用いたシリンジニードルの引抜強度試験で、JIS T3209 (2011) 「滅菌済み注射針」に基づいた測定を行います。規格にある「引抜強さ」の荷重を加え、針管が針基から抜けていないかを確認します。そのほか、針基から針管を引き抜くまで引っ張る測定も可能です。ニードル引き抜き試験治具は幅広い針径に対応しており、測定のセットも簡単で、針をチャックでつかんだらそのまま針基をスリットに通すだけです。針によって異なるスリット幅も、プレートをスライドさせるだけで適切にセットでき、測定の効率化を助けます。このほかにも、シリンジに関連して注射器(シリンジ)の圧縮試験のソリューションも提供しております。

関連規格

JIS T3209 [ 2011 ] 「滅菌済み注射針」一部準拠

JIS T3220 [ 2011 ] 「滅菌済み採血用針」一部準拠

関連サンプル

  • シリンジニードル

測定動画

注意事項

ZTSシリーズのご使用をお勧めしております。
動画は、特定のサンプルにおける測定イメージです。形状や材質によっては測定できない場合がございます。
製品構成例は一例です。実際の測定サンプル・測定方法・荷重値で推奨製品、関連オプション、レンジは異なります。
動画内で使用している製品が、製品構成例でご紹介している製品と異なる場合がございます。
製品の組み合わせによっては、取り付けることができないものもあります。個別の製品ページで詳細をご確認ください。

ソリューションに関するお問い合わせ

製品情報一覧

アタッチメント アタッチメント
特注品 特注品