牛乳パックの開封強さ測定(手動)

  1. 荷重測定専門メーカーのイマダ
  2. ソリューション
  3. 引張試験
  4. 牛乳パックの開封強さ測定(手動)

概要 お気に入り

牛乳パックの開封強さ測定(手動)

開ける力

スタンド不要

特注品

牛乳パックを手で開封する力(開封強さ)を測定するため、特注治具を使用して、牛乳パックの屋根形部分を引き剥がす力を測定します。こちらでは手動の測定例を紹介します。近年多くの包装でユニバーサルデザイン化が進み、牛乳パックにおいても高齢者など握力が弱い方にも開けやすい設計が求められています。しかしながら、包装には内容物を保護する目的があり、密封性も重要です。そのため、開け口の箇所により接着剤の強度を変えたり、剥がしやすい加工を施すなど、開封性と密封性の両立を実現するために研究開発が行われます。この開封強さ測定により開封する力を数値化でき、客観的評価が可能となるため、品質評価、管理の場面で活用いただけます。また、JIS規格に基づいた測定が可能な電動計測スタンドを用いたソリューションもございます。

関連サンプル

  • 牛乳パック
  • 紙パック

測定動画

注意事項

ZTSシリーズのご使用をお勧めしております。
動画は、特定のサンプルにおける測定イメージです。形状や材質によっては測定できない場合がございます。
製品構成例は一例です。実際の測定サンプル・測定方法・荷重値で推奨製品、関連オプション、レンジは異なります。
動画内で使用している製品が、製品構成例でご紹介している製品と異なる場合がございます。
製品の組み合わせによっては、取り付けることができないものもあります。個別の製品ページで詳細をご確認ください。

ソリューションに関するお問い合わせ

製品情報一覧

アタッチメント アタッチメント
特注品 特注品