包装フィルムの突刺し強さ試験 (JIS Z1707 に一部準拠した測定)

  1. 荷重測定専門メーカーのイマダ
  2. ソリューション
  3. 各種化学製品・素材
  4. 包装フィルムの突刺し強さ試験 (JIS Z1707 に一部準拠した測定)

概要 お気に入り

包装フィルムの突刺し強さ試験 (JIS Z1707 に一部準拠した測定)

突き刺し力

JIS

グラフ描画

包装フィルムの突刺し強さ試験です。フィルムにピンを突き刺し、貫通したときの強度を測定します。包装から流通の過程において、内容物の鋭利な先端や突起などによるピンホール対策のため、安全性評価やその品質管理で利用されています。JIS Z1707 (2019) 「食品包装用プラスチックフィルム通則」に一部準拠した測定が可能です。

関連規格

JIS Z1707 [ 2019 ] 「食品包装用プラスチックフィルム通則」一部準拠

関連サンプル

  • プラスチックフィルム
  • ポリプロピレンフィルム
  • 包装資材

測定動画

注意事項

ピンに偏荷重が加わった場合、折れや曲りが発生する恐れがございます。
サンプルの大きさや形状・材質によっては、十分な押さえが出来ずにサンプルが滑る場合がございます。
動画は、特定のサンプルにおける測定イメージです。形状や材質によっては測定できない場合がございます。
製品構成例は一例です。実際の測定サンプル・測定方法・荷重値で推奨製品、関連オプション、レンジは異なります。
動画内で使用している製品が、製品構成例でご紹介している製品と異なる場合がございます。
製品の組み合わせによっては、取り付けることができないものもあります。個別の製品ページで詳細をご確認ください。

ソリューションに関するお問い合わせ

製品情報一覧

アタッチメント アタッチメント
特注品 特注品