タクタイルスイッチのスイッチフィーリング試験

  1. 荷重測定専門メーカーのイマダ
  2. ソリューション
  3. 産業用機械・部品
  4. タクタイルスイッチのスイッチフィーリング試験

概要 お気に入り

タクタイルスイッチのスイッチフィーリング試験

操作力

グラフ描画

タクタイルスイッチのスイッチフィーリング試験です。スイッチフィーリングとは、言い換えれば、スイッチの「押し心地」や「クリック感」です。ボタンを押した際の抵抗力を測定することで、その押し心地を数値化します。しかし、ただ押すだけでは、押し心地は正確には測れません。押し込む変位を決め、その決められた変位で押し込んだ際の抵抗力を測る必要があります。この動画の測定では、荷重‐変位測定ユニットを使用し、荷重(押す力)と変位の関係をグラフ化し、スイッチの特性評価をしています。グラフは、時間ではなく変位を基準とするため、曲線が左方向に戻り、ヒステリシス(ゼロもどり性)が求めやすくなります。つまり、荷重‐変位測定は、スイッチに限らず、様々な感触試験や材質の特性評価などにも最適です。また、ユニット内の計測スタンドは接触点自動検出機能を搭載しているため、試験の精密性や作業性を高めることができます。

関連サンプル

  • タクタイルスイッチ

測定動画

注意事項

動画は、特定のサンプルにおける測定イメージです。形状や材質によっては測定できない場合がございます。
製品構成例は一例です。実際の測定サンプル・測定方法・荷重値で推奨製品、関連オプション、レンジは異なります。
動画内で使用している製品が、製品構成例でご紹介している製品と異なる場合がございます。
製品の組み合わせによっては、取り付けることができないものもあります。個別の製品ページで詳細をご確認ください。

ソリューションに関するお問い合わせ

製品情報一覧

アタッチメント アタッチメント
特注品 特注品