注射針の接合試験 (ISO7862: 2016 一部準拠)

  1. 荷重測定専門メーカーのイマダ
  2. ソリューション
  3. 医療機器
  4. 注射針の接合試験 (ISO7862: 2016 一部準拠)

概要 お気に入り

注射針の接合試験 (ISO7862: 2016 一部準拠)

接合強度

ISO

注射器の針管を引っ張って、針基から抜けた際の最大荷重値を測定します。ISO7864:2016に一部準拠した測定となっています。一定荷重で引っ張り、針管が抜けないか測る非破壊検査も同じ器具で対応可能です。本試験で使ったMED-NPT-200Nは、3種類の異なる幅のスリットがあり、直径0.3~2.0mmの針径に使用できます。品質評価、品質管理や研究開発で利用されております。

関連規格

ISO7864 [ 2016 ] 「Sterile hypodermic needles for single use — Requirements and test methods」一部準拠

関連サンプル

  • 注射針

測定動画

注意事項

動画は、特定のサンプルにおける測定イメージです。形状や材質によっては測定できない場合がございます。
製品構成例は一例です。実際の測定サンプル・測定方法・荷重値で推奨製品、関連オプション、レンジは異なります。
動画内で使用している製品が、製品構成例でご紹介している製品と異なる場合がございます。
製品の組み合わせによっては、取り付けることができないものもあります。個別の製品ページで詳細をご確認ください。

ソリューションに関するお問い合わせ

製品情報一覧

アタッチメント アタッチメント
特注品 特注品