カップ麺の蓋の全面剥離測定(JIS S0021-2 (2018)一部準拠)

  1. 荷重測定専門メーカーのイマダ
  2. ソリューション
  3. 包装・容器・紙
  4. カップ麺の蓋の全面剥離測定(JIS S0021-2 (2018)一部準拠)

概要 お気に入り

45度剥離

JIS

特注品

グラフ描画

カップ麺などのヒートシールされた蓋の開封強さを確認するため、剥離試験を行います。JIS S0021-2 (2018) 「包装-アクセシブルデザイン-開封性」に一部準拠した測定が可能で、剥離角度を実際の開封状態に近い45度に保ちながら、全面剥離する際の開封強さを測定します。食品や医療品など、密封性と同時に易開封性が求められる包装フィルムの剥離試験に最適で、研究開発や品質管理で利用されております。

関連規格

JIS S0021-2 [ 2018 ] 「包装-アクセシブルデザイン-開封性」に一部準拠

関連サンプル

  • カップ麺
  • コーヒーフレッシュ
  • ゼリーカップ

測定動画

注意事項

動画は、特定のサンプルにおける測定イメージです。形状や材質によっては測定できない場合がございます。
製品構成例は一例です。実際の測定サンプル・測定方法・荷重値で推奨製品、関連オプション、レンジは異なります。
動画内で使用している製品が、製品構成例でご紹介している製品と異なる場合がございます。
製品の組み合わせによっては、取り付けることができないものもあります。個別の製品ページで詳細をご確認ください。

ソリューションに関するお問い合わせ

製品情報一覧

アタッチメント アタッチメント
特注品 特注品